健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

レーシック手術後の心得


[2010/03/31]

レーシック(LASIK)手術は、メガネやコンタクトレンズの必要性を軽減する処置法だが、視力の回復速度が遅いことが多い。

米国立医学図書館(NLM)は、術後に予期される症状や注意すべき点として下記のような項目を挙げている:

・初期症状として、処置を受けた目が熱い、かゆい、あるいは何かが入っているように感じることがあるが、どのような場合でも目をこすってはいけない。

・手術を受けた日は、視界がかすんだり、ぼやけたりすることもあるが、その後すぐに回復する。

・術後、次に医師の診察を受けるまで保護メガネをかける必要性もある。再診は通常24〜48時間後に行われるが、術後の痛みが激しい場合にはそれを待たずに医師に連絡する。

・視界がクリアになるまで運転をしてはならない。

・術後2〜4週間は、熱い湯船やジェットバスに入ること、水泳、スポーツ、目の周りのメーキャップやローション類の塗布は避ける。

・視力が完全に安定するまでに3〜6カ月を要することがあるので、考慮に入れておく。

(HealthDay News 3月17日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=636923

Copyright c 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ワードで検索
レーシック視力回復
ソ今週のアクセスランキング
1.健康経営に優れた上場会社22社「健康経営銘柄」を発表/経済産業省
2.ライフサポートに対する景品表示法に基づく措置命令等について/消費者庁
3.薬事法施行規則第12条第1項に規定する試験検査機関について/厚生労働省
4.株式会社タカショーに対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
5.家庭用医療機器 訪問販売業者に業務一部停止命令/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO