健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

分娩・出産時の硬膜外麻酔でリスクを伴うケース


[2010/03/26]

硬膜外麻酔は、分娩や出産時の痛みを和らげるためにしばしば使用される麻酔注射である。

米国の非営利団体Nemours Foundation(フロリダ州、デラウェア州)は、硬膜外麻酔の考えられるリスクとして下記のようなものを挙げている:
・分娩中に力を入れて押し出すことが徐々に難しくなる(この状態を代償するために医師が薬剤を調整することは可能)。
・母体の血圧が降下する。
・頭痛。
・母親の排尿困難がまれにある。
・母親に多少の出血が見られる。
・胎児の心拍が遅くなる。
(HealthDay News 3月12日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=636698
Copyright © 2010 HealthDay. . All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ自宅分娩では乳児の死亡リスクがやや高い
セ出産後の母親の多くが6週後健診受けず
セ早発閉経女性の不妊症治療で初の出産に成功
関連ワードで検索
分娩出産硬膜外麻酔
ソ今週のアクセスランキング
1.本格派岩盤浴マットを新発売
2.姿勢専用マッサージチェア登場
3.輸入食品に対する検査命令の実施について (米国産セロリ及びその加工品)
4.大学発“知の見本市”が閉幕
5.かつおぶし関連加工品の食品表示の適正化について
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO