健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

MRI検査の特性と診断可能な疾患


[2010/03/18]

MRI(磁気共鳴撮像法)は、強い磁場とコンピューター技術を利用して内臓や体内の軟組織を詳細に画像化する。

北米放射線学会(RSA)は、MIRによる診断に有用な疾患として下記のものを挙げている:
・骨盤、腹部、胸部、生殖器、腎臓、尿道の腫瘍。
・一部の心疾患。
・拡張、あるいは閉塞した血管。
・肝臓、胆嚢(のう)、胆管、膵管の異常。
・子宮内膜症や子宮筋腫、腺筋症など骨盤痛の原因となるもの。
・子宮の異常。
・乳癌(がん)。
(HealthDay News 3月3日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=636416
Copyright © 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ワードで検索
MRI検査
ソ今週のアクセスランキング
1.日本通信販売協会新会長にファンケル宮島会長が正式就任
2.ローヤルゼリーとマンゴスチンの美肌ドリンクなど2品を販売開始/ブルボン
3.来春導入予定の新食品機能表示制度に要望/JADMA
4.高周波温熱機器が医療機器承認
5.日本通信販売協会が第28回通常総会を開催
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO