健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

MRI検査の特性と診断可能な疾患


[2010/03/18]

MRI(磁気共鳴撮像法)は、強い磁場とコンピューター技術を利用して内臓や体内の軟組織を詳細に画像化する。

北米放射線学会(RSA)は、MIRによる診断に有用な疾患として下記のものを挙げている:
・骨盤、腹部、胸部、生殖器、腎臓、尿道の腫瘍。
・一部の心疾患。
・拡張、あるいは閉塞した血管。
・肝臓、胆嚢(のう)、胆管、膵管の異常。
・子宮内膜症や子宮筋腫、腺筋症など骨盤痛の原因となるもの。
・子宮の異常。
・乳癌(がん)。
(HealthDay News 3月3日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=636416
Copyright © 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ワードで検索
MRI検査
ソ今週のアクセスランキング
1.『雪肌精 MYV コンセントレート トリートメント』発売/コーセー
2.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
3.薬事法施行規則第12条第1項に規定する試験検査機関について/厚生労働省
4.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
5.老化治療の最前線をテーマに2トップが講演
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO