健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

MRI検査の特性と診断可能な疾患


[2010/03/18]

MRI(磁気共鳴撮像法)は、強い磁場とコンピューター技術を利用して内臓や体内の軟組織を詳細に画像化する。

北米放射線学会(RSA)は、MIRによる診断に有用な疾患として下記のものを挙げている:
・骨盤、腹部、胸部、生殖器、腎臓、尿道の腫瘍。
・一部の心疾患。
・拡張、あるいは閉塞した血管。
・肝臓、胆嚢(のう)、胆管、膵管の異常。
・子宮内膜症や子宮筋腫、腺筋症など骨盤痛の原因となるもの。
・子宮の異常。
・乳癌(がん)。
(HealthDay News 3月3日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=636416
Copyright © 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ワードで検索
MRI検査
ソ今週のアクセスランキング
1.インドネシアの自然派食品「モリンガ」等 3製品を新発売/協同食品
2.2/2 機能性表示食品の届出情報(スヤリスト[銀座ステファニー]等 追加4製品を公表)/消費者庁
3.薄くて軽い「遠赤外線放射素材インナー」トリンプより新発売
4.メイプロインダストリーズ / 丸紅との資本提携で原料および米国市場で販売している健康食品を世界のマーケットに拡販
5.5/26 機能性表示食品の届出情報(富山のグルコサミン 七転び八起き[富山常備薬グルー])等 追加8製品を公表/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO