健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

MRI検査の特性と診断可能な疾患


[2010/03/18]

MRI(磁気共鳴撮像法)は、強い磁場とコンピューター技術を利用して内臓や体内の軟組織を詳細に画像化する。

北米放射線学会(RSA)は、MIRによる診断に有用な疾患として下記のものを挙げている:
・骨盤、腹部、胸部、生殖器、腎臓、尿道の腫瘍。
・一部の心疾患。
・拡張、あるいは閉塞した血管。
・肝臓、胆嚢(のう)、胆管、膵管の異常。
・子宮内膜症や子宮筋腫、腺筋症など骨盤痛の原因となるもの。
・子宮の異常。
・乳癌(がん)。
(HealthDay News 3月3日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=636416
Copyright © 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ワードで検索
MRI検査
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.健康食品 電話勧誘販売 LFコーポレーションに業務停止命令(3か月)/消費者庁
3.特定商取引法違反の電話勧誘販売業者に対する業務停止命令について/消費者庁
4.16色の赤い口紅を発売/資生堂
5.「ヤクルトの国産ケール青汁」を新発売/ヤクルトヘルスフーズ
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO