健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

アスベスト関連の中皮腫に対するワクチンの安全性確認


[2010/03/17]

アスベスト関連の中皮腫に対するワクチンの安全性確認
アスベスト関連の癌(がん)である中皮腫に対する試験ワクチンの安全性が、オランダの新しい研究によって示された。この知見は、米医学誌「American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine(呼吸器・クリティカルケア医学)」オンライン版に3月4日掲載された(印刷版にも掲載予定)。

オランダ、エラスムスErasmusメディカルセンター肺専門医のJoachim Aerts博士らは、10例を対象に、患者の腫瘍由来抗原をパルスした患者自身の樹状細胞(dendritic cell)を注入するワクチンについて検討。その結果、中皮腫腫瘍に対して免疫T細胞反応が誘導されることが判明した。中皮腫患者における樹状細胞を用いた免疫療法の検討は今回が初めて。

アスベストは、先進国では数十年前から禁止されているが、中皮腫の発生率は2020年まで上昇し続けると予測される。診断後の平均生存期間は約12カ月であり、標準的な化学療法によって生存率は約3カ月まで改善する。

Aerts氏は「免疫系の潜在力と特異性を利用する可能性が癌の免疫療法への関心が高まりつつある理由である。そのような方法の1つが患者自身の樹状細胞を用いて腫瘍関連抗原を提示し、それによって腫瘍特異的な免疫性を生じさせるというもの。中皮腫の主な問題は、腫瘍による免疫抑制環境が治療にネガティブな影響を及ぼすことであるため、現在それを低減する方法に取り組んでいる」と述べている。(HealthDay News 3月4日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=636645
Copyright © 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セIHI とUMN ファーマよりUNIGENの全株式を譲受したことのお知らせ/アピ
セ水痘ワクチン2回接種の開始で患者85%減 ―米CDC
セRSウイルス感染に有望な複合ワクチン
関連ワードで検索
アスベスト中皮腫ワクチン
ソ今週のアクセスランキング
1.耳掃除のしすぎは有害:最新ガイドラインが警告
2.特定商取引法違反の電話勧誘販売業者に対する業務停止命令について/消費者庁
3.技術情報協会が台湾・中国・韓国のセミナー開催
4.新開発「足裏温感」機能搭載、パナソニック「マッサージソファ」2機種を発売
5.10/18 機能性表示食品の届出情報(ボディチャレンジ/アフリカマンゴノキ由来エラグ酸《龍泉堂》)等 追加2製品を公表/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO