健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

新技術により冷却機器の不要なワクチンを開発


[2010/03/02]
新技術により冷却機器の不要なワクチンを開発

英オックスフォード大学とノバ・バイオファーマ・テクノロジーNova Bio-Pharma Technologies社の研究者らが、熱帯の高温環境でも冷蔵庫や冷凍庫を用いることなく、安価でワクチンを安定した状態に保つ方法を開発したことを報告。研究は、医学誌「Science Translational Medicine(サイエンス・トランスレーショナル医療」2月17日号に掲載された。

この保存法は、貧しい国では維持の難しい高価な冷蔵の必要性をなくするのに有用である可能性がある。同大学のMatt Cottingham博士は「現在、ワクチンは冷蔵庫か冷凍庫で保存する必要があり、その配布には看護師や冷蔵庫、電力供給、冷蔵トラックを有するクリニックが必要である。しかし、常温でワクチンを搬送できれば、費用は低減し、ワクチンの入手が容易になる。バックパックに入れて僻(へき)村にバイクで運ぶことさえ想定できる」と述べている。

英ウェルカム・トラストWellcome Trustの資金援助を受けて実施した今回の研究で、Cottingham氏らは、糖で安定化させた膜上にワクチンを留置することにより、華氏113度(45℃)で4カ月間、ワクチンを保存できることを示した。華氏98.6度(37℃)で1年以上ワクチンを保存することができ、大きな劣化はないという。

研究者の1人は「われわれはワクチンを熱安定化する非常に簡便な方法を開発し、開発中の新しいワクチンの基として用いる2種類のウイルスに有効であることを示した。これらのウイルスは脆弱(ぜいじゃく)であるため、これらを安定させることができれば、他のワクチンはさらに容易である可能性が高い」と述べている。(HealthDay News 2月18日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=636198

Copyright c 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ次亜塩素酸水溶液有効塩素成分 付着菌・ウイルス抑制効果を確認/パナソニック エコシステムズ
セ水痘ワクチン2回接種の開始で患者85%減 ―米CDC
セウイルスや花粉に対応した「クリーンファイブラグ」発売/アイリスオーヤマ
関連ワードで検索
ワクチンオックスフォード大学ウイルス
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
3.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.自己の血液で作る即効型次世代注入剤「PPP」を治療メニューに導入
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO