健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

グレーブス病の症状


[2010/02/12]

グレーブス病(バセドウ病)は、甲状腺の過剰な活動を引き起こす自己免疫疾患であり、医学用語では「甲状腺機能亢進症」と呼ばれる。

患者の大半は20〜40歳の女性。致死性の合併症を避けて治療することが可能である。

米国立女性健康情報センター(NWHIC)は、グレーブス病の一般的な症状として下記のようなものを挙げている:

・不眠や疲労
・妊娠困難
・頻繁な排便
・短気(怒りっぽい)
・原因不明の体重減少
・暑さに対する過敏性
・発汗量の増加
・筋力の低下
・視力の変化、もしくは眼球突出
・月経出血の少量化
・頻脈
・手の震え
(HealthDay News 1月28日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=635198
Copyright © 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セHPVワクチンと自己免疫疾患の関連性認められず
セ自己免疫疾患が肺塞栓症リスクを高める
セ適量のビールでも女性では乾癬の発現リスクが高まる
関連ワードで検索
グレーブス病バセドウ病自己免疫疾患甲状腺機能亢進症
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.自己の血液で作る即効型次世代注入剤「PPP」を治療メニューに導入
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO