健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

魚油を静脈栄養液に加えることで敗血症の回復が早まる


[2010/02/05]
魚油を静脈栄養液に加えることで敗血症の回復が早まる

魚油(オメガ-3脂肪酸)を静脈栄養液に加えることにより、敗血症を有する集中治療室(ICU)患者に有益性のもたらされることが、医学誌「Critical Care(クリティカルケア)」1月19日号掲載の研究で示された。

英サウサンプトン大学のPhilip Calder氏らは、通常の静脈栄養液に魚油を加えて投与した敗血症患者13例と、従来の栄養液を投与した10例とを比較。その結果、魚油群のほうが血液中の炎症性化学物質が少なく、肺機能は良好で、入院期間は短かった。

Calder氏は「これは、ICUの敗血症患者における特定の魚油栄養液に関する初めての研究。ポジティブな結果は、魚油栄養液の使用が、標準的な混合栄養液を用いた場合よりも臨床転帰を改善させることを示しており、重要である」と述べている。

同氏はさらに「最近では、エネルギーと基本構成要素を補充するだけでなく生物活性脂肪酸ももたらすとの理由で、経静脈栄養の脂肪や油の成分に対する関心が高まっている。従来の栄養液には大豆油が含まれているが、魚油に含有される炎症反応を軽減する作用を持つオメガ-3脂肪酸は含まれていない。大豆油はオメガ-6脂肪酸を豊富に含み、過剰な摂取やバランスの悪い摂取は炎症を促進することがある」と説明している。(HealthDay News 1月19日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=635090
Copyright © 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ魚油ががん治療の妨げになる可能性
セ「平成24〜25年度 食品中の3-MCPD 脂肪酸エステル及びグリシドール脂肪酸エステルの含有実態調査」の結果について/農林水産省
セ魚油サプリメントが癌(がん)患者の筋喪失や栄養不良を予防
関連ワードで検索
魚油 静脈栄養液 敗血症
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.簡単・もちもち・栄養up! カナダ産オーツ麦から生まれた「ライスオーツ」を新発売/スタースーパーフーズ・インターナショナルジャパン
3.株式会社良品計画に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
4.健康食品 電話勧誘販売 LFコーポレーションに業務停止命令(3か月)/消費者庁
5.「ポリフェノールを配合したハイブリッド納豆!」を開発
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO