健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

癌(がん)研究で世界的に誤った細胞株が使われている


[2010/01/29]
癌(がん)研究で世界的に誤った細胞株が使われている

癌(がん)研究者らは新しい治療法を開発する際、特異的な腫瘍細胞株を信頼しているが、これらの細胞株がその宣伝文句どおりとは限らないことが、オランダの研究チームによって報告された。

今回の研究は、オランダ、ロッテルダム大学メディカルセンターJosephine Nefkens研究所病理部門分子診断学部長のWinand N.M. Dinjens氏らによるもの。研究の結果、世界中の研究で広く使用されている13種類のヒト食道癌細胞株のうち3種類が、実は肺や結腸直腸、その他の悪性腫瘍の細胞株であったことが判明した。

他の細胞が混入した細胞株や誤認された細胞株の2つは、臨床試験につながる100件以上の研究、11件の米国特許に関与し、臨床試験の1つは、バレット関連食道腺癌患者用の薬剤ソラフェニブ(商品名:ネクサバール)に関するものであった。同薬は、腎臓癌と肝臓癌では承認されているが、食道腺癌への適応は未承認。Dinjens氏は「これらの細胞株を用いたより初期段階の研究では“まだ科学的に信頼できる”が、臨床試験は再考すべきである」という。

同氏らは「他の細胞が混入した細胞株の汎用は食道腺癌の治療法の開発を脅かす。世界で最も多い死亡原因というわけではないが、発生率が急増している食道腺癌の研究用の細胞株は14種類に過ぎず、動物モデルはなく、ヒトの検体もほとんどないため、このような細胞株の存在は新しい治療法の開発において重要である」と述べている。

研究結果は、米国立癌研究所誌「Journal of the National Cancer Institute」オンライン版に1月14日掲載された。(HealthDay News 1月14日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=634995
Copyright © 2010 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ食品添加物の乳化剤が大腸がんに関連 ―マウス研究
セ大腸がんの位置が患者の生存率を左右する
セ新しい放射線療法で高齢肺がん患者の生存率が改善
関連ワードで検索
がん細胞株
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
4.三重県産の本真珠を溶かし込んだ美容酢
5.肌にうれしい紫外線対策アイテムを新発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO