健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

コーヒーがC型慢性肝炎患者の肝線維化を低減させる


[2010/01/20]
コーヒーがC型慢性肝炎患者の肝線維化を低減させる

コーヒーに含まれるカフェインが、C型慢性肝炎ウイルス患者の肝線維化の重症度を低減させることが、新しい研究によって明らかにされた。

肝線維化(肝瘢痕化)は肝疾患の第2段階(セカンドステージ)であり、結合組織の蓄積により肝機能が低下する。米国立衛生研究所(NIH)のApurva A. Modi氏らによる今回の研究では、食品や飲料からカフェインを毎日摂取している平均年齢51歳の患者177例を2年間追跡した。

研究の結果、1日あたり308 mgを超えるカフェインをコーヒーから摂取した患者は、他の患者に比べて肝線維化が軽度であった。有益であることが判明した1日のカフェイン摂取量はレギュラーコーヒー2.25杯相当。カフェイン摂取量が67mg(コーヒー約半杯)増加するごとに、C型肝炎ウイルス患者の重症肝線維化のオッズは14%低下した。

Modi氏らによれば、ソフトドリンクや紅茶、カフェイン強化飲料およびカフェイン錠剤など、その他のカフェイン供給源では同様の有用な効果は得られないという。また、コーヒー/カフェインの防御効果が通常の1日摂取量を超えるレベルで増大するのかどうかを調べるにはさらなる研究が必要であると述べている。
研究結果は、医学誌「Hepatology(肝臓学)」1月号に掲載された。(HealthDay News 1月8日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=634699
Copyright © 2010 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ心不全患者でも、カフェインで不整脈リスクは上昇しない
セカフェインは睡眠不足だと効き目が長続きしない可能性
セ夜のカフェインは体内時計を混乱させる
関連ワードで検索
コーヒーC型慢性肝炎カフェイン肝線維化
ソ今週のアクセスランキング
1.インドネシアの自然派食品「モリンガ」等 3製品を新発売/協同食品
2.風邪のつらさで眠れないとき
3.6/16 機能性表示食品の届出情報(ローヤルQ10ゴールド[日東メディック]等)追加6製品を公表/消費者庁
4.週1時間程度のわずかな運動でも大腸ポリープを予防する
5.メイプロインダストリーズ / 丸紅との資本提携で原料および米国市場で販売している健康食品を世界のマーケットに拡販
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO