健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

禁煙が糖尿病リスクを増大させる


[2010/01/15]
禁煙が糖尿病リスクを増大させる

喫煙者が禁煙すると、禁煙後2、3年にわたり糖尿病リスクが増大することが、新しい研究によって明らかにされた。

米ジョンズ・ホプキンス大学医学部(ボルチモア)一般内科・疫学助教授のHsin-Chieh Yeh氏は「喫煙者が禁煙すると通常、体重が増加し、体重増加は糖尿病に関連するため、この知見は驚くものではない。喫煙しないことによる便益はリスクをはるかに上回り、糖尿病の発症率を低下させる簡便な方法はあるため、喫煙を続ける言い訳にしてはならない」と述べている。

Yeh氏らは、研究開始時に糖尿病でない1万1,000人近くの中年者を対象に検討を行った。その結果、9年間で1,254人が2型糖尿病を発症していた。喫煙をやめた380人における糖尿病の新規発症率は、喫煙経験のない人に比べて70%高く、喫煙継続者の糖尿病発症リスクも非喫煙者に比べて30%高かった。

元喫煙者のリスクのほうが約6年間にわたり高く、約10年後に消失した。リスク増大は元喫煙者にみられる体重増加量に直接関連していたという。禁煙後最初の3年間で元喫煙者の体重は平均8.4ポンド(約3.8kg)、ウェスト周囲径は平均1.25インチ(約3.2cm)増加していた。

Yeh氏は「禁煙した場合、医師は体重測定とカウンセリングにさらに注意を払う必要がある。同時に、糖尿病の早期検出手段として血糖値をより頻繁に確認することを勧める」としている。研究結果は、医学誌「Annals of Internal Medicine(内科学)」1月5日号に掲載された。(HealthDay News 1月4日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=634519
Copyright © 2010 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
・関連ニュース
2018年「全国たばこ喫煙者率調査」を発表 男女計で17.9%/日本たばこ産業
ジェームズ・ボンドは禁煙15周年
禁煙への取り組みで世界の喫煙者が5300万人減少
・関連ワードで検索
禁煙糖尿病
・今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.1日11時間以上座る人では死亡リスクが40%以上増大
3.ストレスチェック義務化に対応したメンタル対策強化支援サービスを開始/キヤノンマーケティングジャパン
4.日本初の”体形百貨店”をオープン
5.2018年上半期トレンド予測 「ジャパニーズスーパーフード」 ランキングTOP10を発表/日本スーパーフード協会
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO