健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

熱性痙攣(けいれん)への対処法


[2010/01/15]

乳児や幼児が発熱すると、「熱性痙攣(けいれん)」を起こすことがある。この種の痙攣は、てんかんや脳障害を示唆するものではない。通常は深刻な状態にはならず、自然に治癒することが多い。

米国の非営利団体Nemours Foundation(フロリダ州、デラウェア州)は、子どもの熱性痙攣への対応として下記のような方法を勧めている:

・子どもの頭を保護するために、安全で、柔らかい物に囲まれた場所に寝かせる。
・呼吸を詰まらせることがないように、体を横にして寝かせる。
・十分に呼吸をしており、顔色に変化がないことを確認する。青くなったり、別の色に変わったりする、もしくは痙攣が10分以上続くようなら、救急搬送を検討する。
・痙攣が治まったら、担当医に連絡し、評価を依頼する。

痙攣を起こしている間に行ってはいけないこと:

・子どもを押さえつけるなど、動けないようにしてはいけない。
・子どもの口に何も入れてはいけない。
・熱を下げようとして子どもを水に入れてはいけない。
(HealthDay News 1月1日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=633999
Copyright © 2010 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ筋けいれんのよくある原因
セ脚のけいれんを避けるための対策
セ医師の診察を要する筋肉痙攣(けいれん)
関連ワードで検索
熱性痙攣??痙攣けいれん
ソ今週のアクセスランキング
1.健康食品の電話勧誘販売している3事業者に業務停止命令(3か月)/消費者庁
2.6/28機能性表示食品の届出情報(青い瞳《フジワラ化学》)等追加1製品を公表/消費者庁
3.卵白由来プロテイン「EAP-sport PLUS(EAPスポーツ プラス)」を本格展開/セティ
4.しめつけ感軽減と巻きやすさを向上した血圧計が発売
5.歩行速度の低下は認知障害のサイン?
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO