健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

熱性痙攣(けいれん)への対処法


[2010/01/15]

乳児や幼児が発熱すると、「熱性痙攣(けいれん)」を起こすことがある。この種の痙攣は、てんかんや脳障害を示唆するものではない。通常は深刻な状態にはならず、自然に治癒することが多い。

米国の非営利団体Nemours Foundation(フロリダ州、デラウェア州)は、子どもの熱性痙攣への対応として下記のような方法を勧めている:

・子どもの頭を保護するために、安全で、柔らかい物に囲まれた場所に寝かせる。
・呼吸を詰まらせることがないように、体を横にして寝かせる。
・十分に呼吸をしており、顔色に変化がないことを確認する。青くなったり、別の色に変わったりする、もしくは痙攣が10分以上続くようなら、救急搬送を検討する。
・痙攣が治まったら、担当医に連絡し、評価を依頼する。

痙攣を起こしている間に行ってはいけないこと:

・子どもを押さえつけるなど、動けないようにしてはいけない。
・子どもの口に何も入れてはいけない。
・熱を下げようとして子どもを水に入れてはいけない。
(HealthDay News 1月1日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=633999
Copyright © 2010 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ筋けいれんのよくある原因
セ脚のけいれんを避けるための対策
セ医師の診察を要する筋肉痙攣(けいれん)
関連ワードで検索
熱性痙攣??痙攣けいれん
ソ今週のアクセスランキング
1.ライフサポートに対する景品表示法に基づく措置命令等について/消費者庁
2.健康経営に優れた上場会社22社「健康経営銘柄」を発表/経済産業省
3.株式会社タカショーに対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
4.顆粒タイプでは初のプロテオグリカン含有健康美容ドリンクを新発売
5.ライフサポート「ダイエット食品【消費者庁の措置命令に基づく公示】」/国民生活センター
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO