健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

子宮内膜症の好発部位


[2009/12/24]

子宮内膜症は、本来は子宮の内側(子宮内膜)にのみ存在すべき組織が、それ以外の部位で増殖することで発症する。

米国産科婦人科学会(ACOG)によると、子宮内膜症は、月経前と月経期間中に痛みを発生させるが、不妊の原因になることもある。

ACOGは、子宮内膜症が最も発生しやすい部位として下記を挙げている:
・卵巣。
・卵管。
・結腸、あるいは直腸。
・膀胱や尿を腎臓から膀胱へ送り出す管(尿管)。
・子宮の裏側。
・腹部や骨盤を覆う組織(腹膜)。
(HealthDay News 12月11日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=633686
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ子宮内膜症患者では炎症性腸疾患の発症リスクが高い
セ女性の骨盤痛の誘因
関連ワードで検索
子宮内膜症
ソ今週のアクセスランキング
1.強力な酸分泌抑制薬で骨折リスクが増大
2.麻痺ラットが脳からの信号を受けずに再歩行可能に
3.容器包装の食品衛生法への適合の確認結果について
4.中国の仮想店舗に出店で初の海外展開
5.化学療法が女性の不妊をもたらす機序を解明
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO