健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

HPVワクチンのサーバリックスは6年以上有効


[2009/12/18]
HPVワクチンのサーバリックスは6年以上有効

ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンのサーバリックスは、女性のHPV感染を6年以上にわたって予防することが、新しい研究によって明らかにされた。同ワクチンは、子宮頸癌(がん)と最も関連のある2種類のHPV(HPV-16およびHPV-18)を予防する。

米ニューメキシコ大学(アルバカーキ)健康科学センターのCosette Wheeler博士らによる今回の研究は、研究開始時に子宮頸部プロファイルが正常であり、HPV感染のエビデンスのない15〜25歳の女性約800人が対象。393人にサーバリックス、383人に不活性のプラセボを接種し、6カ月毎に6.4年間、HPV DNA検査を実施した。

研究の結果、12カ月間のHPV-16/18持続感染に対するワクチンの有効性は、試験期間中100%維持された。HPV-16/18の偶発的な感染に対するワクチンの有効性は95%であった。ワクチン接種群のHPV-16/18に対する抗体価は、HPVの自然感染後に比べて数倍以上高かった。また、サーバリックスは、HPV-16/18に次いで子宮頸癌の全症例の原因の10%を占めるHPV-31やHPV-45の偶発感染も予防した。

Wheeler氏は「ワクチンの長期効果の確認にはさらなる評価が必要であるが、今回の研究データをみると、さらに何年か予防効果が持続すると思われる」と述べている。研究結果は、英医学誌「Lancet」オンライン版に12月2日掲載された(印刷版は12月12号掲載)。サーバリックスは10月に米国食品医薬品局(FDA)の承認を受けている(※日本でも10月に承認取得)。(HealthDay News 12月2日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=633648
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セHPVワクチンと自己免疫疾患の関連性認められず
関連ワードで検索
HPVワクチンサーバリックス
ソ今週のアクセスランキング
1.日健栄協 / 「平成19年度日本健康・栄養食品協会交流会」を開催、健康食品のセミナーを行う
2.日本機能性イオン協会 / マイナスイオン業界の現状と可能性を探るセミナー
3.目もとと頬を輝きで彩るアイカラー、チークカラー新発売
4.「駅からはじめるヘルスケア」実証事業の開始について/ジェイアール東日本企画
5.サメの肝臓の「スクワラミン」、肝炎などのウイルス抑制に効果
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO