健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

子どもの歯ぎしりの警告サイン


[2009/12/17]

歯ぎしりは、特に睡眠中やストレスがかかったときに、歯をこすったり、くいしばったりする状態をさす。

多くの場合、歯が損傷するようなことはないが、子どもの歯ぎしりでは頭痛や耳痛が発生することがある。

米国の非営利団体Nemours Foundation(フロリダ州、デラウェア州)は、子どもの歯ぎしりの警告サイン(徴候)として下記のような項目を挙げている:

・睡眠中に歯をこする音が出る。
・朝、顎(あご)や顔の痛みを訴える。
・親指をしゃぶる。
・爪(つめ)を噛む。
・頬の内側を噛んだあとがある。
・オモチャや鉛筆などをしばしばかじる。
(HealthDay News 12月3日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=633439
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ「大きな哺乳瓶」が子どもの肥満の発端になる可能性
セ子どもの自己評価の低下を示すサイン
セ子どもに朝食を用意させよう
関連ワードで検索
子ども歯ぎしり
ソ今週のアクセスランキング
1.若年層を対象にした新スキンケア「WASO(ワソウ)」を発売/資生堂
2.「爽快な 気持ち(感性)」の数値化に成功/アサヒ飲料、慶應義塾大学
3.犬用健康補助食品「『ペットラボ』皮ふ健康サポート」を新発売/アサヒカルピスウェルネス
4.ハーブの香りとエイジングケアに注目したヘアケア商品を新発売/コネクト
5.サッポログループがAI(人工知能)を活用。問い合わせ者・回答者の両方の負荷を軽減へ/野村総合研究所
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO