健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

子どもの歯ぎしりの警告サイン


[2009/12/17]

歯ぎしりは、特に睡眠中やストレスがかかったときに、歯をこすったり、くいしばったりする状態をさす。

多くの場合、歯が損傷するようなことはないが、子どもの歯ぎしりでは頭痛や耳痛が発生することがある。

米国の非営利団体Nemours Foundation(フロリダ州、デラウェア州)は、子どもの歯ぎしりの警告サイン(徴候)として下記のような項目を挙げている:

・睡眠中に歯をこする音が出る。
・朝、顎(あご)や顔の痛みを訴える。
・親指をしゃぶる。
・爪(つめ)を噛む。
・頬の内側を噛んだあとがある。
・オモチャや鉛筆などをしばしばかじる。
(HealthDay News 12月3日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=633439
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
・関連ニュース
「大きな哺乳瓶」が子どもの肥満の発端になる可能性
子どもの自己評価の低下を示すサイン
子どもに朝食を用意させよう
・関連ワードで検索
子ども歯ぎしり
・今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.FDAが手の除菌剤の安全性を問う
3.1日11時間以上座る人では死亡リスクが40%以上増大
4.エボニック、アクゾノーベルと電解質膜事業を開始/エボニック ジャパン
5.ストレスチェック義務化に対応したメンタル対策強化支援サービスを開始/キヤノンマーケティングジャパン
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO