健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

子どもの歯ぎしりの警告サイン


[2009/12/17]

歯ぎしりは、特に睡眠中やストレスがかかったときに、歯をこすったり、くいしばったりする状態をさす。

多くの場合、歯が損傷するようなことはないが、子どもの歯ぎしりでは頭痛や耳痛が発生することがある。

米国の非営利団体Nemours Foundation(フロリダ州、デラウェア州)は、子どもの歯ぎしりの警告サイン(徴候)として下記のような項目を挙げている:

・睡眠中に歯をこする音が出る。
・朝、顎(あご)や顔の痛みを訴える。
・親指をしゃぶる。
・爪(つめ)を噛む。
・頬の内側を噛んだあとがある。
・オモチャや鉛筆などをしばしばかじる。
(HealthDay News 12月3日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=633439
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ「大きな哺乳瓶」が子どもの肥満の発端になる可能性
セ子どもの自己評価の低下を示すサイン
セ子どもに朝食を用意させよう
関連ワードで検索
子ども歯ぎしり
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.軟骨と筋肉に役立つ食品成分の組み合わせが中高年の通常歩行速度を上昇させることを確認/サントリーウエルネス
3.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
4.ピクノジェノール広報委員会/日本で行われている研究内容とその成果を発表
5.MRI検査の特性と診断可能な疾患
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO