健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

コレステロール値異常が心不全リスクに影響


[2009/12/07]
コレステロール値異常が心不全リスクに影響

コレステロール値に異常があると、心不全のリスクが有意に増大する可能性が、米国の新しい研究によって示された。米国立心肺血液研究所(NHLBI)フラミンガム心臓研究(Framingham Heart Study)責任者のDaniel Levy博士らは、同研究に参加した被験者6,860人(平均年齢44歳)のデータを分析。研究開始時に冠動脈心疾患(CHD)を有する被験者はいなかったが、約26年間の追跡調査後、680人が心不全を発症していた。

心不全の発症率は次のとおり:
・高比重リポ蛋白(HDL)コレステロールが低値(男性40mg/dL、女性50mg/dL未満)の被験者では12.8%。
・HDL値が適切な(男性55mg/dL、女性65mg/dL以上)被験者では6.1%。
・トリグリセリド(中性脂肪)および低比重リポ蛋白(LDL)コレステロールなどのHDLコレステロール以外の値が高い(190mg/dL以上)被験者では13.8%。
・HDLコレステロール以外の値が適切な(160mg/dL未満)被験者では7.9%。

年齢、性別、ボディー・マス・インデックス(BMI)、血圧、糖尿病および喫煙を要因として考慮すると、心不全リスクは、HDLコレステロール以外の値の高い被験者のほうが低い被験者よりも29%高く、HDLコレステロール値の高い被験者は低い被験者よりも40%低かった。また、心臓発作リスクは、HDLコレステロール以外の値が高い被験者のほうが13%高く、HDLコレステロール値の高い被験者では25%低かった。

Levy氏は「今回の研究は、心不全におけるコレステロール値(HDL、非HDLの両方)の関与についてさらに一歩踏み込んだものであり、コレステロール血症の治療が、心臓発作の予防効果以上に、心不全予防に長期的な利益をもたらすことを示唆している」と述べている。

研究結果は、米医学誌「Circulation(循環器)」オンライン版に11月23日掲載された。(HealthDay News 11月24日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=633342
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ心不全患者の心臓突然死が20年間で半減
セコレステロール低下で「患者と医師が報酬をもらえる」プログラムが有効
セ「血中コレステロールが気になる方に」と機能性表示したトマトジュースを発売/カゴメ
関連ワードで検索
コレステロール心不全
ソ今週のアクセスランキング
1.強力な酸分泌抑制薬で骨折リスクが増大
2.麻痺ラットが脳からの信号を受けずに再歩行可能に
3.容器包装の食品衛生法への適合の確認結果について
4.化学療法が女性の不妊をもたらす機序を解明
5.中国の仮想店舗に出店で初の海外展開
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO