健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

ダウン症児の記憶障害に対する治療に希望


[2009/12/02]

ダウン症児の記憶障害に対する治療に希望

遺伝性疾患であるダウン症に伴う記憶障害に対する、将来の内科的治療の土台となりうる新しい研究結果が報告された。米国退役軍人局パロアルトPalo Altoヘルスケアシステムおよび米スタンフォード大学(いずれもカリフォルニア州)のAhmad Salehi博士らは、ダウン症と同様の症状を持つように遺伝子操作されたマウスを用いて研究を実施。

今回の知見がヒトに便益をもたらすかどうかはまだ不明であるが、研究の結果、神経伝達物質の1つであるノルエピネフリンのシグナル伝達を高めると、ダウン症様の症状を有するマウスが脳をより効率的に使用できることが判明。ノルエピネフリンレベルを高める薬剤を投与したマウスでは、巣作り行動などの認知機能試験の成績がより良く、実際、正常マウスと同様であった。

Salahi氏は「早期に介入すれば、ダウン症児の情報の収集と調整を助けることができる。理論的には、これらの小児の認知機能の改善につながる可能性がある。効果が出るのがあまりに速く、非常に驚いた」と述べている。

研究結果は、医学誌「Science Translational Medicine(サイエンス・トランスレーショナル [研究室での基礎研究成果を実際の臨床の場に応用する過程] 医療)」11月18日号に掲載された。(HealthDay News 11月19日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=633190
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ必ず発症するはずの遺伝性疾患を発症していない人々を発見
セアルツハイマー病の記憶障害の治療に成功
セ非侵襲的な検査法によりダウン症候群の早期特定が可能に
関連ワードで検索
遺伝性疾患ダウン症記憶障害
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.6/19 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉 脳内αディーエイチシー])追加1製品を公表/消費者庁
4.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
5.キムチ由来の植物性乳酸を化粧品用途でも本格展開
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO