健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

監督下運動プログラムで癌(がん)化学療法時の疲労が軽減


[2009/10/30]
監督下運動プログラムで癌(がん)化学療法時の疲労が軽減

監督下運動プログラムによって、化学療法を受けている癌(がん)患者の疲労が軽減し、筋力や有酸素容量、感情的に幸福な状態(well-being)が向上することが、新しい研究によって示唆された。疲労は、化学療法中に最も頻繁にみられる厄介な副作用の1つである。

今回の研究は、デンマーク、コペンハーゲン大学病院のLis Adamsen氏らによるもの。コペンハーゲンの2病院の20〜65歳の癌患者269例を対象に行われ、診断された癌は21種類であった。研究結果は、英国医師会誌「BMJ」オンライン版に10月14日掲載された。

被験者の一部は、高強度および低強度の心血管運動や抵抗運動、リラクセーションやボディ・アウェアネス(body awareness)、マッサージなどの運動プログラムに参加。標準的な治療に加えて、週9時間のトレーニングを6週間行った。研究の結果、運動群は非運動群に比べて疲労が有意に軽減した。運動プログラムは進行癌患者においても有益であることが判明した。

運動による全体的な生活の質(QOL)の改善は認められなかったが、Adamsen氏らは「体力や活力、身体的・精神的に幸福な状態を改善するために多様な運動介入を奨励することで、化学療法中の疲労が軽減し、それによって癌患者の日常生活動作(ADL)を補助するという多数の根拠がある」と述べている。(HealthDay News 10月14日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=631872
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
・関連ニュース
脂肪の「錆び」が癌化を促進することを発見/九州大学
がんリスクの3分の2はランダム変異が原因
世界で50万例のがんに肥満が関連
・関連ワードで検索
化学療法運動プログラム
・今週のアクセスランキング
1.効果的な減量プログラムを見つける方法
2.「5-アミノレブリン酸と鉄の摂取による運動効率の上昇効果」研究論文発売/SBI
3.ココアが牛乳の腸内水素産生量をコントロール 研究結果発表/森永製菓
4.特定商取引法違反の連鎖販売業者(IPSコスメティックス)に対する業務停止命令(3か月)及び指示について/消費者庁
5.『機能性植物が秘めるビジネスチャンス 〜各社事例から学ぶ成分向上手法/事業活用例〜』3月末に発刊/情報機構
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO