健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

過敏性腸症候群(IBS)をコントロールする


[2009/10/29]

過敏性腸症候群(IBS)は、食物が腸を通過する際に、腸管の押し出す力が強すぎるか、あるいは力が十分でないなど、腸管の収縮異常により生じる。症状として、下痢、便秘、膨満感のほかに、便通直後にもかかわらず残便感があるなどが挙げられる。

米国家庭医学会(AAFP)は、下記のようなIBSをコントロールする方法を勧めている:

・食事での脂肪を制限し、バライティーに富んだ健康的な食品を継続的に摂取する。
・食物繊維の摂取量を増やすか、もしくは食物繊維サプリメント(栄養補助食品)を摂取する。
・IBSの症状を引き起こす疑いがある食品を避ける。
・毎日十分な量の水を摂取する。
・3回の食事で量を多く摂取するのではなく、6回に分けて少量ずつ摂取する。
・便秘解消のために緩下薬(下剤)を使用しない。緩下薬の使用は腸を弱くし、体が薬剤に依存するようになる。
・ストレスのコントロール法を学び、実行する。
(HealthDay News 10月14日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=631777
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
・関連ニュース
過敏性腸症候群の食事コントロール
過敏性腸症候群に抗生物質が有用
ほとんどの過敏性腸症候群患者に結腸鏡検査は不要
・関連ワードで検索
過敏性腸症候群IBS
・今週のアクセスランキング
1.『食品表示基準について』を更新/消費者庁
2.7/31 機能性表示食品の届出情報(GOLDAY(ゴールデイ)/ローズヒップ由来ティリロサイド《日水製薬医薬品販売》)等[追加3製品 / 合計1,412製品]/消費者庁
3.東洋新薬 / 鹿角霊芝の免疫増強作用を確認、第23回和漢医薬学会にて発表
4.内面美容に訴求する「還元発酵乳酸菌」を販売開始/炭プラスラボ
5.入れ替えタイプの育児用ミルク 専用ケースの「素材・サイズ・設計」を見直し/森永乳業
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO