健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

ホルモン補充療法中の乳房圧痛は乳癌(がん)リスクの徴候


[2009/10/27]
ホルモン補充療法中の乳房圧痛は乳癌(がん)リスクの徴候

エストロゲン/プロゲスチンを用いた併用ホルモン補充療法(HRT)中にみられる乳房圧痛(breast tenderness)は、乳癌(がん)発現の増大を示すシグナルであることが、新しい研究によって示された。HRT開始後に乳房圧痛がみられた女性はそうでない女性に比べて、浸潤性乳癌が発現する可能性が48%高かったという。

米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)デビッドゲフェンDavid Geffen医学部一般内科・医療サービス研究臨床教授のCarolyn J. Crandall博士は「HRT中止を勧めるには時期尚早であるが、リスクと便益のバランスを考えさせられる。乳房圧痛は、乳癌のリスクマーカーである可能性がある」と述べている。

同氏らは今回、女性健康イニシアチブ(WHI)のデータを使用。WHIはHRTにより心臓発作、脳卒中、浸潤性乳癌のリスクが増大するとされ、2002年に中止された。研究では、8,500人以上が経口結合型エストロゲン(0.625mg/日)と酢酸メドロキシプロゲステロン(2.5mg/日)、8,100人以上がプラセボを使用していた。試験開始時、その後は年1回、マンモグラム(乳房X線像)および乳房検査を実施した。

研究の結果、1年後、HRT群はプラセボ群に比べて乳房の圧痛を報告する可能性が3倍高く、それぞれ約36%、約12%であった。5.6年間の追跡調査中、毎年、新たに乳房の圧痛を報告した女性の0.6%、報告しなかった女性の0.36%が、乳癌と診断された。研究結果は、医学誌「Archives of Internal Medicine(内科学)」10月12日号に掲載された。

同氏らは、HRTを受けた女性の一部で乳癌が発現し、一部は発現しない理由は不明であるという。圧痛は乳房の細胞が急速に増殖している徴候である可能性があり、細胞増殖は癌の危険因子(リスクファクター)である。また、この知見は、子宮摘出術を受けた女性やエストロゲン単独投与した女性ではなく、併用療法を受けていた女性にのみ当てはまるという。

米フォックスチェイスFox Chase癌センター(フィラデルフィア)のMary B. Daly氏は「今回の知見は、そのような圧痛の発現時に、女性やその担当医師にHRTの必要性の再評価を促すものである」という。エストロゲン/プロゲスチン併用療法薬であるPremproプレンプロ(日本国内未承認)の製造元であるワイス社は、今回の研究を“興味深い”としつつも、「乳房圧痛は乳癌の確立された危険因子ではない」と述べている。(HealthDay News 10月12日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=631848
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ現行の検査法では乳癌の転移を見逃しやすい
セ乳癌治療薬が前立腺癌治療の副作用軽減に有用
セHER2陽性進行乳癌(がん)に対し治験薬が有用性示す
関連ワードで検索
ホルモン補充乳癌
ソ今週のアクセスランキング
1.糖質70%以上オフのパンの詰め合わせを発売
2.1/14 機能性表示食品の届出情報(朝食 BifiXヨーグルト)[江崎グリコ]等 追加7製品を公表)合計187製品に/消費者庁
3.腸内の善玉菌が少ないとうつ病リスクが高いことを明らかに/ヤクルト本社
4.独自素材パセノール(TM)原料販売を開始/森永製菓
5.日本初の吸着保湿処方 保湿成分が洗い流されないボディソープを発売/ライオン
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO