健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

化学療法が女性の不妊をもたらす機序を解明


[2009/10/16]
化学療法が女性の不妊をもたらす機序を解明

化学療法が女性の受胎能(妊よう性)を奪うメカニズム(機序)が、マウスを用いたイタリアの研究によって明らかにされた。また、化学療法薬シスプラチン(CDDP)によるこの悪影響を、別の抗癌(がん)薬(分子標的薬)であるイマチニブ(商品名:グリベック)が打ち消す作用を持つ可能性も示された。

化学療法は卵巣の卵細胞に影響を及ぼすため、癌治療の結果、女性患者が卵巣機能障害や不妊症になるケースは多い。子孫の遺伝子異常を引き起こす可能性もあり、特に、今回検討されたシスプラチンは特殊なタイプの染色体損傷を引き起こす。卵巣癌治療には同薬が主に用いられる。

イタリア、ローマ大学生物学部のStefania Gonfloni氏らは今回、シスプラチンがc-Abl酵素によって卵母細胞または胚細胞死を促進することを明らかにした。c-Abl酵素は、変異すると慢性骨髄性白血病(CML)を引き起こしうる蛋白(たんぱく)。ただし、CML治療に用いられるイマチニブを用いてこの酵素を標的とすれば、卵母細胞をシスプラチンの悪影響から保護できるという。

同氏らは、この知見は癌治療を受ける女性の受胎能を保護する方法があるという希望をもたらすものであるが、その道のりは長いと強調する。同氏は「全身抗癌化学療法の干渉を避けるため、分子標的薬のデリバリー法の開発が必要になる可能性が高い。また、イマチニブが化学療法の治療効果を妨げることなく、卵巣毒性予防に使用できることを示す必要がある」という。

研究結果は、医学誌「Nature Medicine(ネイチャーメディシン)」オンライン版に9月27日掲載された。(HealthDay News 9月28日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=631392
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セロシアの製薬企業とロシアにおける医療機器、サプリの販売契約を締結/富士フイルム
セ管理栄養士監修シリーズmatsukiyo LAB「アスリートライン」を展開/マツモトキヨシ
セ5/25 機能性表示食品の届出情報(わたしケア体脂肪/アフリカマンゴノキ由来エラグ酸《エルベ・プランズ》)等[追加3製品 / 合計1,377製品]/消費者庁
関連ワードで検索
不妊化学療法
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.健康食品 電話勧誘販売 LFコーポレーションに業務停止命令(3か月)/消費者庁
3.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
4.株式会社ミス・パリ/エステティック業界初 東京大学とミスパリ 共同研究開始
5.イズミヤ株式会社及び株式会社牛肉商但馬屋に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO