健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

ビタミンD欠乏が高血圧に関連


[2009/10/06]
ビタミンD欠乏が高血圧に関連

血中のビタミンDレベル(濃度)が低い若齢女性は、15年後に高血圧になるリスクが3倍であることが、新しい研究によって明らかにされ、米シカゴで開かれた米国心臓協会(AHA)高血圧研究会議で報告された。

米ミシガン大学(アナーバー)公衆衛生学部のFlojaune C. Griffin氏らは、ミシガン骨健康・代謝研究(Michigan Bone Health and Metabolism Study)を開始した1993年に、559人の女性(22-44歳、平均年齢38歳)を対象に、ビタミンD欠乏を調べた。ビタミンD欠乏は血液1リットル中80ナノモル未満と定義した。その結果、被験者の80%以上にビタミンD欠乏が認められ、2%は高血圧の治療を受けており、4%は未診断の高血圧を有していた。

この時点でビタミンDレベルと高血圧の関連性は認められなかったが、2008年には19%が高血圧と診断され、6%は症状があったが気づいていなかった。年齢、肥満、喫煙の影響を調整後、研究開始時にビタミンD欠乏が認められた女性における高血圧の発症率は3倍であった。

Griffin氏は「研究期間中にビタミンD摂取に関して何が起きたのかは不明であり、ベースラインの測定後の食事に関する情報はない。研究開始以降、ビタミンDの推奨摂取量は増加し、現行のガイドラインでは60歳未満で400国際単位(IU)、60歳以上で600IUの摂取を勧めている。ビタミンDレベルを増大させる最も有効な方法は皮膚の日光への曝露である」と述べている。

米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院(ボストン)のJohn P. Forman博士は、「今回の研究は、ビタミンDの低レベルが高血圧と関連するという蓄積データが増加しつつあることを強く示している。ただし、ビタミンDの摂取量増大が高血圧予防に有用かどうかはまだわからない。それに関する大規模な無作為化試験が必要である」と述べている。(HealthDay News 9月24日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=631169
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ「難治性」高血圧患者で薬を処方通り飲んでいる人は2割
セ80歳以降の高血圧は認知機能を保護する可能性
セ高血圧にヨガが有効
関連ワードで検索
ビタミンD高血圧
ソ今週のアクセスランキング
1.顆粒タイプでは初のプロテオグリカン含有健康美容ドリンクを新発売
2.たんぱく質&食物繊維入り「ヘルシースナッキング」ブランドを展開/森永製菓
3.毛穴のカリスマ開発の乾燥肌の救世主新発売
4.2/2 機能性表示食品の届出情報(スヤリスト[銀座ステファニー]等 追加4製品を公表)/消費者庁
5.ライフサポートに対する景品表示法に基づく措置命令等について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO