健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

アレルギー性鼻炎が性生活に悪影響を及ぼす


[2009/09/25]
アレルギー性鼻炎が性生活に悪影響を及ぼす

アレルギー性鼻炎のある人の83%が鼻炎によって性生活に影響が及ぶことがあると感じており、そのうち18%は、ほぼ常に鼻炎が満足のいく性生活の障害となっていることが、新しい調査により判明した。

研究著者である米クリーブランドクリニック(オハイオ州)頭頸部研究所のMichael Benninger博士によると、これまでアレルギーによる性生活への影響についてはほとんど研究されていなかったという。アレルギー性鼻炎は花粉症とも呼ばれ、米国人口の1040%が罹患している。鼻水、うっ血、副鼻腔の圧迫感などの症状があり、花粉やイエダニなどのアレルゲンに反応して起こる。

医学誌「Allergy and Asthma Proceedings(アレルギー・喘息紀要)」7/8月号に掲載された今回の研究では、約700人(約半数がアレルギー性鼻炎)を対象に、性的機能、睡眠および疲労感について質問した。被験者は30代後半から40代半ばで、アレルギー性鼻炎の治療は受けていなかった。鼻炎のある人の約17%が、常に、またはほぼ常に、性生活に影響があると回答したのに対して、アレルギーのない人で性生活が良好ではないとしたのはわずか5%であった。アレルギーが性生活に影響する理由は不明だが、Benninger氏は鼻水や目のかゆみがあると性的な感覚が減じるのではと推察している。アレルギー性鼻炎のある人は睡眠障害の比率が高いこともわかった。

しかし、この症状は治療が可能であると著者らは強調している。市販の鼻スプレーから、抗ヒスタミン薬、ステロイド薬まで選択肢は幅広い。また、アレルギーの引き金となるものに注意すること、例えば寝室の窓を閉め花粉量を少なくすることなども有効だという。この知見をきっかけに、アレルギー患者に性生活を犠牲にする必要はないことに気づいてほしいと、専門家らは述べている。(HealthDay News 910日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=630851

Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セピーナッツアレルギーでも他のナッツ類は食べられる?
セ今からできる春のアレルギー対策
セアレルギー特定原材料等27品目不使用『やさしいハッピーターン』を発売/亀田製菓
関連ワードで検索
アレルギー性生活
ソ今週のアクセスランキング
1.米ガイドライン、60歳以上の降圧薬処方基準を緩和
2.「マジックマッシュルーム」でがん患者の絶望感を緩和
3.エコサート認証取得 全世界で年間500万個以上消費『 ナーブルスソープ 』日本初上陸
4.平成25年度における景品表示法の運用状況及び表示等の適正化への取組/消費者庁
5.ステロイド成分を含有する不良化粧品の発見について/東京都福祉保健局
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO