健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

バイオマーカーで重度の変形性関節症が予測可能に


[2009/08/11]

バイオマーカーで重度の変形性関節症が予測可能に

血管細胞接着分子1(VCAM-1)と呼ばれる蛋白(たんぱく)が、重度の変形性関節症による股関節および膝関節置換のリスクを強く予測することが、新しい研究によって示された。

ドイツ、エルランゲン-ニュルンベルグErlangen-Nuremburg大学のGeorg Schett氏らによる今回の研究は、イタリアの健常者912人が対象。うち60人は重度の変形性関節症のため1990〜2005年に膝関節または股関節置換術を受けた。研究の結果、研究開始時にVCAM-1レベル(濃度)が高かった被験者は、関節置換術を受ける可能性が最も高かった。VCAM-1は軟骨や結合組織の細胞で発現していた。

Schett氏らは「VCAM-1レベルは、重度の変形性関節症による関節置換リスクの有意な予測因子で、年齢による影響と同程度、またはそれよりも優れた予測因子である」という。また、リスク予測モデルにVCAM‐1を含めることで、より正確に患者を分類できることも示された。

重度の変形性関節症リスクに関わる臨床検査のバイオマーカー(生物学的指標)が確立されたのは今回が初めて。このようなバイオマーカーは、臨床症状が出現する前の早期診断につながり、重度の変形性関節症の予測の改善は、減量や筋力トレーニング、有酸素運動などの介入で便益を得られる患者の特定に有用な可能性がある。

同氏らは、VCAM-1と変形性関節症との関連性の背景にあるメカニズムについてより詳細が明らかになれば、関節疾患の原因に対する理解も深まると述べている。研究結果は、米医学誌「Arthritis & Rheumatism(関節炎&リウマチ)」8月号に掲載された。(HealthDay News 7月30日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=629489
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セランニングは変形性関節症の発症を遅らせる
セ独自技術「角層バイオマーカー解析」を活用した美容液を発売/ファンケル
セ変形性関節症への対処法
関連ワードで検索
関節症膝関節置換変形性関節症バイオマーカー
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.軟骨と筋肉に役立つ食品成分の組み合わせが中高年の通常歩行速度を上昇させることを確認/サントリーウエルネス
3.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
4.東京大学との連携協定締結について/東洋新薬
5.MRI検査の特性と診断可能な疾患
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO