健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

癌(がん)リスクが報告されたインスリン製剤の継続投与を推奨−FDA


[2009/07/17]

癌(がん)リスクが報告されたインスリン製剤の継続投与を推奨−FDA

糖尿病注射薬インスリングラルギン(商品名:ランタス、サノフィ・アベンティス社)によって癌(がん)リスクが高まる可能性が、欧州糖尿病研究協会(EASD)誌「Diabetologia」に掲載された4件の研究のうち3件で示唆されているが、患者はその使用を継続すべきであるとの米国食品医薬品局(FDA)の見解が示された。

インスリングラルギンは1日1回投与の持効型(溶解)インスリンアナログ製剤で、1型糖尿病および2型糖尿病の両方に用いられる。FDAは「これらの研究の追跡調査期間は、薬剤投与の癌リスクを評価する一般的な研究に比べて短く、研究内容の一貫性に欠けるため、同薬の使用と癌との関連性は疑わしい」としている。

また、「現存のデータによれば血糖コントロール不良による急性、および慢性の重篤な有害事象が生じうるため、医師に相談なくインスリン療法を中止しないことを勧める」と述べ、現在、同薬の安全性に関するデータを再検討中であり、その間、医療専門家と患者の双方にインスリングラルギン使用による副作用をFDAの “MedWatch Adverse Event Reporting Program(MedWatch有害事象報告プログラム)” に報告するよう奨励している。

米国糖尿病協会(ADA)も、「これらの研究や自分のインスリンレジメンに不安がある患者は、医師に相談すべきであり、この知見をもとにインスリン投与を中止すべきではない」と述べている。サノフィ・アベンティス社のスポークスマンはウォールストリート・ジャーナルに対して、「この問題についてFDAとともに作業を進めており、同薬の安全性を支持し続ける」と述べている。(HealthDay News 7月1日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=628664
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
・関連ニュース
体の大きい男性は悪性度の高い前立腺がんになりやすい?
米国では農村部でがん死亡率が高い
遺伝性乳がん、最も発症リスクが高まる年齢は?
・関連ワードで検索
がんインスリン糖尿病
・今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.特定商取引法違反の電話勧誘販売業者に業務停止命令/九州経済産業局
3.抗酸化・代謝を正常化、シミ・そばかすを治療する「ハイチオールCホワイティア」新発売/エスエス製薬
4.医薬品成分を含有する3製品について/東京都福祉保健局
5.「特定細胞加工物製造許可」を取得。細胞培養受託を可能に/ロート製薬
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO