健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

オピオイド薬を投与したラットでは脳卒中による損傷が少ない


[2009/07/01]
オピオイド薬を投与したラットでは脳卒中による損傷が少ない

オピオイド薬により誘発した冬眠状態が、脳の損傷や行動障害を軽減させることが、脳卒中モデルラットを用いた研究で明らかにされた。

米サウスフロリダ大学(フロリダ州)加齢・脳修復センターのCesar Borlongan氏は、「冬眠中および活動的なリスを用いた研究により “自然冬眠”には抗虚血作用があることが示されているが、今回、冬眠を誘発する薬剤によって同様の結果が得られることが示された」と述べている。

同氏は今回、米国立衛生研究所(NHI)の研究者らとともに、[D-ala2,D-leU5] enkephalin(DADLE)と呼ばれるモルヒネやヘロインと同種の薬剤をラットに投与し、その後、脳動脈の血流を遮断することによって脳卒中を誘発した。

研究の結果、脳卒中を誘発する前にDADLEを投与した群は非投与群に比べて、脳卒中後の行動試験で良好な成績を示した。同氏は「DADLEは、細胞死の進行と行動障害を予防した。冬眠を誘発することが判明しているこの物質が、脳虚血につきものの欠損を軽減するという今回この観察結果は、脳卒中治療の新しい薬理学的標的をもたらす」としている。

研究結果は、医学誌「BMC Biology(生物学)」オンライン版に6月17日掲載された。(HealthDay News 6月17日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=628122
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ脳卒中直後の頭部位置は回復に影響せず
セ毎日少量のアルコールで脳卒中リスクを低減か
セ脳卒中の9割は予防可能
関連ワードで検索
オピオイド薬脳卒中
ソ今週のアクセスランキング
1.ライフサポートに対する景品表示法に基づく措置命令等について/消費者庁
2.健康経営に優れた上場会社22社「健康経営銘柄」を発表/経済産業省
3.薬事法施行規則第12条第1項に規定する試験検査機関について/厚生労働省
4.株式会社タカショーに対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
5.家庭用医療機器 訪問販売業者に業務一部停止命令/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO