健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

オピオイド薬を投与したラットでは脳卒中による損傷が少ない


[2009/07/01]
オピオイド薬を投与したラットでは脳卒中による損傷が少ない

オピオイド薬により誘発した冬眠状態が、脳の損傷や行動障害を軽減させることが、脳卒中モデルラットを用いた研究で明らかにされた。

米サウスフロリダ大学(フロリダ州)加齢・脳修復センターのCesar Borlongan氏は、「冬眠中および活動的なリスを用いた研究により “自然冬眠”には抗虚血作用があることが示されているが、今回、冬眠を誘発する薬剤によって同様の結果が得られることが示された」と述べている。

同氏は今回、米国立衛生研究所(NHI)の研究者らとともに、[D-ala2,D-leU5] enkephalin(DADLE)と呼ばれるモルヒネやヘロインと同種の薬剤をラットに投与し、その後、脳動脈の血流を遮断することによって脳卒中を誘発した。

研究の結果、脳卒中を誘発する前にDADLEを投与した群は非投与群に比べて、脳卒中後の行動試験で良好な成績を示した。同氏は「DADLEは、細胞死の進行と行動障害を予防した。冬眠を誘発することが判明しているこの物質が、脳虚血につきものの欠損を軽減するという今回この観察結果は、脳卒中治療の新しい薬理学的標的をもたらす」としている。

研究結果は、医学誌「BMC Biology(生物学)」オンライン版に6月17日掲載された。(HealthDay News 6月17日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=628122
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
・関連ニュース
脳卒中後のリハビリに乗馬療法や音楽療法が有効
失業や再就職により脳卒中リスクが上昇 ―日本人研究
脳卒中直後の頭部位置は回復に影響せず
・関連ワードで検索
オピオイド薬脳卒中
・今週のアクセスランキング
1.効果的な減量プログラムを見つける方法
2.「5-アミノレブリン酸と鉄の摂取による運動効率の上昇効果」研究論文発売/SBI
3.ココアが牛乳の腸内水素産生量をコントロール 研究結果発表/森永製菓
4.特定商取引法違反の連鎖販売業者(IPSコスメティックス)に対する業務停止命令(3か月)及び指示について/消費者庁
5.『機能性植物が秘めるビジネスチャンス 〜各社事例から学ぶ成分向上手法/事業活用例〜』3月末に発刊/情報機構
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO