健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

進化により癌(がん)細胞のアポトーシス能力が低下


[2009/06/24]

進化により癌(がん)細胞のアポトーシス能力が低下

ヒトは、より発達した脳を得た代わりに癌(がん)を撃退する能力を一部失ってしまったのだろうか。

その可能性もあると、米ジョージア工科大学(アトランタ)生物学部部長/卵巣癌研究所主任科学研究者のJohn McDonald氏は述べている。今回の研究で、同氏らは、チンパンジーの遺伝子はヒトの遺伝子に比べて、アポトーシス(プログラム化された細胞死)をうまく実行することを示した。アポトーシスは身体が癌細胞を死滅させる主要な方法の1つ。

この知見は、チンパンジーとヒトの脳、精巣、肝臓、腎臓、心臓における遺伝子発現を比べた結果、得られたもの。チンパンジーは進化的にヒトと同祖であると考えられているが、ヒトに比べて癌の比率が低く、McDonald氏は常々、この事実に興味を抱いていたという。

同氏は「今回の分析結果は、ヒトではチンバンジーほど効率的に、プログラム化された細胞死が実行されていないことを示唆している。この差は、ヒトが脳の大きく発達させ、関連する認知能力を高める手段として生じたものだが、その代償として癌に罹患しやすくなったと考えられる」と述べている。

研究結果は、米医学誌「Medical Hypothesis(医学的仮説)」オンライン版に5月1日掲載された。(HealthDay News 6月12日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=627950
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
・関連ニュース
全遺伝子の働きの季節変化を自然条件下で捉えることに成功/京都大学
特定の遺伝子変異を標的とするがん治療薬、臨床試験で有望な成績
身長に関連する新しい遺伝子変異を発見
・関連ワードで検索
アポトーシス遺伝子
・今週のアクセスランキング
1.イルカの優れた治癒力がヒトでの恩恵をもたらす可能性
2.機能性表示食品のチョコレート(2種)を新発売/江崎グリコ
3.皮付きアーモンドから作った「アーモンドミルク」を発売/JFLAホールディングス、九州乳業
4.10/31 機能性表示食品の届出情報(リファイン 動き軽やかサポート/乳由来スフィンゴミエリン《花王》)等[追加8件 / 合計1,557件]/消費者庁
5.阪大に温熱治療の研究講座を設置/桐灰化学(小林製薬)
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO