健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

強力な酸分泌抑制薬で骨折リスクが増大


[2009/06/19]

強力な酸分泌抑制薬で骨折リスクが増大

プロトンポンプ阻害薬(PPI)やヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)と呼ばれる強力かつ広く使用されている酸分泌抑制薬は、胃酸分泌を抑制するが、股関節や大腿骨の骨折リスクを高めることが、新しい研究によって確認され、米シカゴで開かれた米国消化器病週間会議(DDW2009)で報告された。

今回の報告は、いくつかの他の研究の知見と合わせて、これらの薬剤が骨折リスクを高めるという意見を支持するもの。一般的なPPIにはオメプラゾールやランソプラゾール、esomeprazole、H2受容体拮抗薬にはシメチジン、ラニチジン、famotidineがある。これらの薬剤は通常、胃食道逆流性疾患(GERD)の治療に用いられる。

今回の研究で、米カイザーパーマネンテKaiser Permanente(サンフランシスコ)のDouglas A. Corley博士らは、これら薬剤の使用者3万3,752人と非使用者13万471人のデータを収集。研究の結果、股関節骨折が認められた患者では、PPIを2年以上使用している症例が30%高く、またH2受容体拮抗薬を服用している場合は骨折が生じる可能性が18%高かった。

1日1錠未満を服用している患者は骨折リスクが12%、1日平均1錠の患者では30%、1日1錠を超える患者では41%増大した。これらの薬剤を2年以上服用している50〜59歳の患者のリスクが最も高かったが、大多数の骨折は80〜89歳の患者に認められた。

Corley氏は「これらの薬剤は骨折リスクを高める可能性がある。決められた適応に対してのみ、最小有効量を服用すべきである。機序は不明だが、現段階ではリスクとの関連性を認識することが重要。小規模研究では、PPIが骨強度に必要なカルシウムの吸収力を60%低減させることが示されている。これらの薬剤の服用を中止すれば骨折リスクが低下する」という。

米マウントサイナイMount Sinai医科大学(ニューヨーク)のElton Strauss博士は「この問題は以前から論じられている。今回の研究の鍵は、薬剤を処方する医師と服用する患者双方の認識である。薬剤のリスクと便益の問題は昔からある」と述べている。(HealthDay News 6月2日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=627675
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セうるつや乳酸菌(R)、酵素処理ヘスペリジンを配合したサプリを発売/カイゲンファーマ
セ日本人にビフィズス菌が多い理由に乳糖分解酵素の遺伝子型が関与している可能性を確認/森永乳業
セ機能性表示食品「素肌うるおうピーチスパークリング」を発売/アサヒビール
関連ワードで検索
骨折酸分泌抑制薬
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.10/19 機能性表示食品の届出情報(グルコサミン1600/グルコサミン塩酸塩《井藤漢方製薬》)等[追加7製品 / 合計1,535製品]/消費者庁
3.ブランドロゴ・コーポレートカラーを刷新/オルビス
4.独自素材「ヒアルモイスト乳酸菌TM」の皮膚にヒアルロン酸を作らせる効果、紫外線ダメージの軽減効果を発見/日清食品HD
5.「タニタ社員食堂レシピ」サイトを閲覧できるコンテンツを開発/凸版印刷
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO