健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

薪ストーブで心臓発作リスクが上昇?


[2017/03/16]
薪ストーブで心臓発作リスクが上昇?

薪を燃やすストーブによる汚染が、近隣に住む高齢者の心臓発作リスクを高める可能性があるとの研究報告が、「Epidemiology」オンライン版に2月3日掲載された。

カナダ、マギル大学(モントリオール)教授のScott Weichenthal氏らの今回の研究では、ブリティッシュコロンビアの3つの小都市、プリンスジョージ、カムループス、コートニー/コモックスのデータを分析した。

その結果、因果関係は証明できないものの、薪ストーブからの微粒子空気汚染(PM2.5)レベルが高いことは、心臓発作による入院の増加と関連している可能性があることが判明した。たとえば、寒い時期には薪ストーブによる汚染が最も大きく、65歳以上の人の心臓発作リスクは19%増加した。

「今回の知見から、大気汚染はその発生源が問題であり、心血管疾患に対しては、全てのPM2.5が同等に有害だというわけではないことが示唆された。特に木の燃焼による空気汚染の割合が大きくなると、この関連性が強まることがわかった」と、同氏は述べている。

肺の健康の専門家は、「この結果は他の研究の結果とも一致している。木の燃焼によって大気中に小さな粒子が放出され、気道を直接損傷し、これが炎症につながる。炎症が冠動脈に及べば心臓発作につながる可能性もある」と話している。(HealthDay News 2017年3月3日)


https://consumer.healthday.com/cardiovascular-health-information-20/heart-attack-news-357/wood-stoves-may-spark-heart-trouble-720172.html
Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
・関連ニュース
オメガ3脂肪酸で致死的な心臓発作リスクが低減か
失業者は心臓発作のリスクが高い?
女性が注意すべき心臓発作のサイン
・関連ワードで検索
心臓発作
・今週のアクセスランキング
1.リハビリ応援飲料「リハたいむゼリー」を発売/クリニコ
2.1/18 機能性表示食品の届出更新(カガエ イヌリン/イヌリン《薬日本堂》)等[追加8件 / 合計1,719件]/消費者庁
3.万全の準備で空の旅を楽しもう
4.乳酸菌飲料「毎日飲むヤクルト」セブン&アイグループで販売/ヤクルト本社
5.コレステロール低下で「患者と医師が報酬をもらえる」プログラムが有効
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO