健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

鼻づまりの軽減にはスチームよりも鼻洗浄が有用


[2016/07/28]
鼻づまりの軽減にはスチームよりも鼻洗浄が有用

米国疾病管理予防センター(CDC)によれば、2014年には2900万人超の米国成 人が副鼻腔炎と診断された。慢性副鼻腔炎の一般的な治療法 であるスチーム吸 入と鼻洗浄の有効性を評価するため、Little氏らは慢性または再発性の副鼻腔炎 の既往のある英国の患者871人を追跡調査した。

対象者らは、生理食塩水での1日1回の鼻洗浄(説明ビデオを利用)、1日1回の スチーム吸入、両処置の併用、または通常治療という4つの治療法 のいずれかに 割り付けられた。通常治療群は、抗菌薬の使用も含めて医師の判断に委ねられ た。鼻洗浄群はネティポット(鼻洗浄器)を用いて毎日、各 鼻腔を約5オンス (約150ml)の生理食塩水で洗浄した。スチーム治療群は毎日5分間蒸気を吸入した。

鼻づまりとそれに関連する問題の評価に使われる質問票である「鼻副鼻腔炎障 害指数(Rhinosinusitis Disability Index:RSDI)」で測定した結果、鼻洗浄 群は3カ月および6カ月時点で改善を報告した。スチーム吸入群では、頭痛は軽減 したものの、鼻づまりは緩 和しなかった。また、鼻洗浄群では洗浄しない群に 比べて市販薬の服用、頭痛、医師受診が少なかった。

Little氏は、「抗菌薬は耐性菌の保有リスクを高めるため、どうしても必要に なるまで使わないほうがよい」と述べている。 (HealthDay News 2016年7月18日)


https://consumer.healthday.com/head-and-neck-information-17/sinus-problems-news-614/neti-pot-beats-steam-for-sinus-congestion-relief-712999.html Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ「クチがポカン」で魅力50%以上ダウン
セ子どもの40.6%に花粉症の疑い!発症は9歳までが81.3%【子どもの花粉症に関する意識調査】
関連ワードで検索
鼻づまり
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.簡単・もちもち・栄養up! カナダ産オーツ麦から生まれた「ライスオーツ」を新発売/スタースーパーフーズ・インターナショナルジャパン
3.インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に対する要請について/消費者庁
4.インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に対する要請について(平成 28 年 1 月〜3 月)/消費者庁
5.株式会社二期リゾート/内側から元気に、美しくするメニューのお知らせ
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO