健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

「処女性を決める遺伝子」を発見?


[2016/04/27]
「処女性を決める遺伝子」を発見?

初めての性交渉をする年齢に、遺伝子が寄与している可能性があることがわかった。英ケンブリッジ大学のKen Ong氏らの研究で、結果は「Nature Genetics」オンライン版に4月18日掲載された。

早い時期に性交渉をもち子どもをもうける人は、学歴が低く、心身の健康が不良となる傾向があるため、この結果は問題だとOng氏は話す。遺伝子は性格と身体的特徴に作用することにより、初体験と第一子出生の年齢に影響するという。

同氏らは以前の研究で、思春期の始まりには遺伝要因と環境要因がともに関連することを明らかにしている。食生活などの変化から、思春期の始まりは1880年の平均18歳から1980年には12.5歳に低下したが、思春期が早まったからといって性交渉や出産が早まるわけではなく、近年では初体験から初産までにおよそ10年の間があいている。

今回の研究では、英国、米国、アイスランドの約40万人の遺伝子データとその他の記録を検討した。その結果、いくつかの遺伝的変異が初体験の年齢に関連しており、それら変異の一部は初産、子どもの数、思春期の年齢、リスクをとろうとする性格にも関連していた。また、早期の性的活動を促す遺伝子とリスクをとろうとする遺伝子には、“明確な関連”があったという。

この知見は、遺伝子が純潔を喪失する年齢に関連するとの先行研究を裏づけるものだという。これまでの研究では、初体験の年齢、さらにはパートナーの人数にも、50%の遺伝性があることが判明している。

Ong氏は、「10代の行動は、遺伝子と環境因子の影響が混じり合ったものだといえる。思春期の早期開始を防ぐ取り組みで、早期の性交渉・出産による問題を回避できる可能性がある」と述べている。(HealthDay News 2016年4月18日)

http://consumer.healthday.com/pregnancy-information-29/love-sex-and-relationship-health-news-452/could-scientists-have-found-virginity-genes-710080.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

(参考情報)
論文アブストラクト:
http://www.nature.com/ng/journal/vaop/ncurrent/full/ng.3551.html

つぶやく
関連ニュース
セ特定の遺伝子変異を標的とするがん治療薬、臨床試験で有望な成績
セ身長に関連する新しい遺伝子変異を発見
セ大腸がんに関連する5つの遺伝子を発見
関連ワードで検索
遺伝子
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.ポーラ化粧品 / 毎日の元気をサポートする即効パワーアップドリンクを発売
3.10/19 機能性表示食品の届出情報(グルコサミン1600/グルコサミン塩酸塩《井藤漢方製薬》)等[追加7製品 / 合計1,535製品]/消費者庁
4.独自素材「ヒアルモイスト乳酸菌TM」の皮膚にヒアルロン酸を作らせる効果、紫外線ダメージの軽減効果を発見/日清食品HD
5.9/5 機能性表示食品の届出情報(養命酒製造 甘酒/パイナップル由来グルコシルセラミド《養命酒製造》)等[追加7製品 / 合計1,447製品]/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO