健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

女性はインフルエンザに対する防御力が高い可能性


[2016/01/26]
女性はインフルエンザに対する防御力が高い可能性

女性は男性に比べてインフルエンザに対する防御力に優れる可能性があることが、新たな研究で示された。今回の研究では、女性ホルモンであるエストロゲンに、インフルエンザウイルスを寄せ付けない作用があることが判明。男性のほうが女性よりもインフルエンザが重症になりやすいのはそのためだと考えられる。この知見が新たなインフルエンザ治療につながる可能性もある。

研究グループは、男女の鼻腔細胞を用いた実験で、エストロゲンがインフルエンザウイルスの複製能力を制限するようであることを突き止めた。ウイルスの複製が少なければ、感染者の症状は比較的軽く、ウイルスが他人に拡散しにくくなると、研究を率いた米ジョンズ・ホプキンズ大学(ボルチモア)のSabra Klein氏は説明している。

「別の研究で、エストロゲンにはHIV、エボラウイルス、肝炎ウイルスに対する抗ウイルス特性があることが明らかにされているが、今回の研究は2つの点でこれまでの研究とは異なる」とKlein氏は話す。

「1つは、直接患者から分離した一次細胞を用いて研究を実施した点である。これにより、エストロゲンの性特異的な効果を直接確認することができた。もう1つは、エストロゲンの抗ウイルス作用をもたらしているエストロゲン受容体を初めて特定した点である。これにより、エストロゲンの一定の抗ウイルス効果が媒介される機序を深く理解することができた」と、同氏は説明している。

Klein氏は、閉経前の女性はエストロゲン値が1カ月のなかで変化するため、一般集団ではこの効果を確認するのが難しい可能性があると述べる一方、「ある種の避妊法を用いている閉経前女性や、ホルモン補充療法を受けている閉経後女性は、季節性インフルエンザの流行期にも比較的感染しにくいと考えられる」と指摘している。不妊症や閉経期症状の治療に用いる治療的エストロゲンも、ある程度の予防効果をもたらすと考えられるという。

今回の研究は、「American Journal of Physiology -- Lung Cellular and Molecular Physiology」オンライン版に2015年12月18日掲載された。(HealthDay News 2016年1月18日)

http://consumer.healthday.com/women-s-health-information-34/estrogen-news-238/women-may-have-better-defenses-against-flu-707009.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

(参考情報)
論文アブストラクト:
http://ajplung.physiology.org/content/early/2015/12/17/ajplung.00398.2015

つぶやく
・関連ニュース
紅茶のインフルエンザウイルスを無力化する力について/三井農林
鳥インフルエンザの清浄化について/農林水産省
IHI とUMN ファーマよりUNIGENの全株式を譲受したことのお知らせ/アピ
・関連ワードで検索
インフルエンザ
・今週のアクセスランキング
1.日健栄協 / 第2回「特定保健用食品」講習会を開催
2.デアコスメティックス / 「デアサス ピート・リフティング・パック」の累計販売数が1万8000本に
3.雪印乳業 / 更年期女性に嬉しい骨密度高めるトクホ「毎日骨ケアMBP(R)」が対前年比400%達成
4.全自動迅速同定・感受性測定装置ライサス(R) S4を発売/日水製薬
5.アイスタイル / 人気クチコミサイトのリアル店舗「@cosme store」がオープン
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO