健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

抗菌石けんに普通の石けんとの差は認められず


[2015/09/30]
抗菌石けんに普通の石けんとの差は認められず

普通の石けんと「抗菌」石けんでは、手の細菌を除去する効果に差がないことが、韓国の新たな研究で明らかにされた。抗菌成分のトリクロサンは、細菌を数時間曝露させた場合は普通の石けんよりも強い殺菌作用が認められたが、実際に手を洗う試験では普通の石けんを超える清浄効果は認められなかった。

韓国、高麗大学校(ソウル)の Min Suk Rhee 氏は、「トリクロサンの殺菌効果は曝露する濃度と時間によって決まる」と説明する。しかし、抗菌石けんで手を洗う人の多くは、トリクロサン0.3%(法律で認められた最大濃度)未満の石けんを用い、30秒未満しか手を洗わないため、十分な効果が得られない。この知見は「Journal of Antimicrobial Chemotherapy」9月16日号に掲載された。

米国食品医薬品局(FDA)によると、抗菌成分として液状石けんにはトリクロサン、固形石けんにはトリクロカルバンが用いられるが、その効果や安全性については疑問の声もあるという。トリクロサンの危険性を示す根拠はないが、動物の研究では正常なホルモン調節を妨げたり、抗生物質耐性に寄与したりする可能性が示されている。FDAは、(2016年より)トリクロサンに関連する表示の裏付けとなる確かな研究結果の提出をメーカーに求める新たな規則を提案している。

今回の研究では、20種類の細菌株を試験管に入れ、普通石けんと0.3%トリクロサン含有石けんに手洗い時の一般的な温度で曝露させた。9時間以上継続して曝露した場合、トリクロサンには「有意に」強い抗菌性が認められたが、10、20、30秒の曝露では、普通石けんを上回る効果はないことがわかった。追加試験では成人16人が実際に手を洗ったが、いずれの石けんも細菌除去に概ね有効であり、両者の間に有意差はみられなかった。

Rhee氏は、今回の結果は抗菌石けん製品に関する最終的な結論を示すものではないと強調している。また、業界団体の広報担当であるBrian Sansoni氏は、抗菌石けんの安全性と有効性には長年のデータと研究に裏付けられた実績があるとの見解を示している。

米ニューヨーク大学ランゴン医療センター准教授のLeonardo Trasande氏は、「今回の結果は、普通の石けんでも十分であることを明確に裏付けるものだ」と述べている。(HealthDay News 2015年9月17日)

http://consumer.healthday.com/environmental-health-information-12/chemical-health-news-730/plain-soap-just-as-good-at-germ-removal-as-anti-bacterial-soap-703355.html
Copyright © 2015 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ワードで検索
抗菌石けん
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.ポーラ化粧品 / 毎日の元気をサポートする即効パワーアップドリンクを発売
3.10/19 機能性表示食品の届出情報(グルコサミン1600/グルコサミン塩酸塩《井藤漢方製薬》)等[追加7製品 / 合計1,535製品]/消費者庁
4.独自素材「ヒアルモイスト乳酸菌TM」の皮膚にヒアルロン酸を作らせる効果、紫外線ダメージの軽減効果を発見/日清食品HD
5.9/5 機能性表示食品の届出情報(養命酒製造 甘酒/パイナップル由来グルコシルセラミド《養命酒製造》)等[追加7製品 / 合計1,447製品]/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO