健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

脳死ドナーの体温を下げると移植後の腎機能が向上


[2015/08/19]
脳死ドナーの体温を下げると移植後の腎機能が向上

脳死したドナーの体温を下げることにより、移植される腎臓の機能を向上できる可能性があるという。「New England Journal of Medicine」7月30日号で報告されたこの方法は、「世界のどの国でも、コストをかけずにできる簡単な措置だ」と、研究を率いた米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のClaus Niemann氏は述べている。

米国保健社会福祉省によると、腎移植は生きたドナーから提供を受ける方が成功率が高く、移植した腎臓が5年後も機能している確率は、生きたドナーの場合は約80%であるのに対し、死亡したドナーでは67%であるという。今回の研究は、死亡したドナーからの移植でよくみられる臓器移植後臓器機能障害(DGF)のリスク低減を目指したもの。DGFは移植後の腎臓がすぐに機能しない状態で、患者は腎臓が機能するまで透析を続ける必要がある。

「軽度低体温」処理は、脳死により自然に生じる損傷から腎臓を守るものだと、Niemann氏は説明する。脳死になると、身体がそれに反応して炎症、細胞死、組織を傷つけるフリーラジカルの産生などが起こるが、体温を下げることでこのようなプロセスを遅らせることができるとの仮説に基づき、研究チームは脳死したドナーを標準の方法で管理する群と、軽度低体温処理(34〜35°Cに下げる)をする群に無作為に割り付けた。

最終的に、死亡したドナー370人の腎臓が572人に提供されたが、低体温群の腎臓の機能は有意に良好であり、DGFがみられたのは低体温群で28%、標準移植群では39%であった。60歳以上のドナーおよび50歳以上で高血圧、軽度腎機能障害、脳卒中の既往のあるドナーの腎臓には特に大きな効果がみられ、DGFの発生率が56%から31%に低下した。この試験は、低体温群の腎臓の機能が優れることが明確にされた時点で早期中止された。

この研究の付随論説の著者らは、このアプローチにより「ドナーの管理と、移植を受ける患者の転帰が根本的に変わる可能性がある」と述べる一方、注意すべき点もあると指摘する。1つは、低体温処理によって移植患者の長期的な予後が向上するかどうかは明らかにされていないことである。また、低体温処理がドナーの心臓、肺、肝臓、膵臓などの他の臓器に及ぼす影響についても疑問がある。移植医学分野で比較臨床試験を行う基盤も整っていないという。臓器提供の需要は増える一方であり、米国では12万2,000人以上が待機リストに登録されている。(HealthDay News 7月29日)

http://consumer.healthday.com/diseases-and-conditions-information-37/misc-kidney-problem-news-432/cooling-bodies-of-brain-dead-donors-may-boost-kidney-function-after-transplant-701787.html
Copyright © 2015 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ先端が柔らかい「使いやすさ」にこだわった電子体温計を発売/タニタ
セ体温調節を担う汗腺の三次元構造の可視化に成功/マンダム、大阪大学
セ暖かくして低体温症の予防を
関連ワードで検索
脳死ドナー体温
ソ今週のアクセスランキング
1.強力な酸分泌抑制薬で骨折リスクが増大
2.容器包装の食品衛生法への適合の確認結果について
3.化学療法が女性の不妊をもたらす機序を解明
4.10/20 機能性表示食品の届出情報(EPAチャージ グレープフルーツ味/EPA・DHA《日本水産》)等 [ 追加9製品 / 合計1,137製品 ]を公表/消費者庁
5.ダイエットサポート飲料「コバラサポート グレープフルーツ風味」を発売/大正製薬
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO