健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

ビタミンDサプリに中毒リスクはほとんどなし


[2015/05/19]
ビタミンDサプリに中毒リスクはほとんどなし

ビタミンDサプリメントの利用が増加しているが、それによる血中カルシウム濃度上昇のリスクを評価した研究で、ビタミンD中毒を発症するリスクはまれであることが明らかにされた。

今回の研究報告を受けて、米ボストン大学医学部のMichael Holick氏は、「ビタミンD中毒はごくまれな医学的症状であり、意図的または不注意による極端な高用量の摂取に起因するものが典型であることがエビデンスから明確にわかる」と述べている。

研究著者である米メイヨー・クリニックのThomas Thacher氏らによると、ビタミンDは骨の健康の向上・維持のために推奨されることが多く、がん、糖尿病、心疾患の予防にも有用との指摘もある。サプリメント以外に、天然のビタミンDの摂取源として油の多い魚(サバやシャケ)、強化ミルク、日光などがある。独立諮問機関である米医学研究所が推奨するビタミンD補充の上限は、低値または欠乏症の人で1日4,000IUとされる。

過剰なビタミンD補充で特に懸念されるのは高カルシウム血症であり、脱力、腎結石をもたらすほか、心臓や脳の健康悪化に至ることもある。ビタミンDの血中濃度が50ng/mlを超えると問題となり、正常範囲は20〜50ng/mlとされる。しかしThacher氏は、「今回の研究では、50ng/mlを超える高いビタミンD値のみられる人でも、高カルシウム血症のリスク上昇は認められないことがわかった」と述べている。

同氏らは、サプリメントが広く利用されることによりビタミンD中毒リスクが上昇する可能性を評価するため、ロチェスター疫学プロジェクト(Rochester Epidemiology Project)で収集されたビタミンD値に関する情報を分析した。このデータには2002〜2011年に米ミネソタ州のある地域の住民から取得した2万件を超える血中ビタミンDの測定値が含まれていた。

最終的に、このうち8%が50ng/mlを超える値を示し、多くは65歳以上の女性だった。100ng/ml超であったのは1%未満だった。10年にわたる試験期間中に認められたビタミンD中毒の症例は1件のみであり、そのビタミンD値は364ng/mlだった。

この知見は「Mayo Clinic Proceedings」5月号に掲載された。(HealthDay News 5月6日)

http://consumer.healthday.com/bone-and-joint-information-4/bone-joint-and-tendon-news-72/little-risk-of-vitamin-d-toxicity-researchers-say-699052.html
Copyright © 2015 HealthDay. All rights reserved. 

つぶやく
・関連ニュース
2019年2月「N.O.U サプリ RJ」を発売/資生堂
受験生用サプリメント「メモリーキープEX」を発売/日本中央製薬
「TBC 1日分のビタミン マスカットミックス」を発売/森永乳業
・関連ワードで検索
ビタミンDサプリ
・今週のアクセスランキング
1.快眠ライフをサポートするケータイアプリ
2.10/31 機能性表示食品の届出情報(リファイン 動き軽やかサポート/乳由来スフィンゴミエリン《花王》)等[追加8件 / 合計1,557件]/消費者庁
3.鶏ムネ肉プラズマローゲン摂取による認知機能低下予防作用を発表
4.ダイエットサポート飲料「コバラサポート グレープフルーツ風味」を発売/大正製薬
5.特定商取引法違反の連鎖販売業者に対する業務停止命令(9か月)及び指示について/消費者庁
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO