健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

日健栄協 / 健康食品メーカーがGMPを取得するためのコンサルタント業務を開始


[2007/06/20]
日健栄協はこのほど、健康食品メーカーが同協会認定のGMPを取得するためのコンサルタント業務を開始した。 日健栄協は、健康食品の製造工程・包装工程、一貫工程に対し、GMPの認定を行っており、取得製造所数は32に達している。今回、コンサルティング業務を開始したのは、初期にGMPを取得した製造所と比較して設備が整っていない製造所からの申請が増えたことから1製造所にかかるコンサルティングの時間が増え、対応が難しくなったこと、申請者からも「有料の方が相談しやすい」といった声が挙がっていたため。また、審査の前に3ヵ月GMPにのっとった運営をしていることが申請の条件となっているため、コンサルティングを利用して最初から体制を整えておいた方が、審査のやり直しなどが発生せず、素早くGMPを取得できるメリットがある。 GMPに関わる問い合わせへの回答を全て有料化するということではなく、「申請するのにどんな資料が必要か」、「様式の書き方」、「資料の整え方」といった事務担当者レベルで対応できる相談にはこれまで通り無料で対応する。有料化されるのは、独自の具体的なソフト・ハードの内容など専門の職員の対応が必要となる場合。 費用は、同協会内で専門の職員が相談を受ける場合は、同協会会員は初回・無料、2回目以降・5000円/1時間、非会員の場合は初回から1万円/1時間となる。現地製造所でGMP調査員が相談を受ける場合は、会員・非会員とも4万円/3時間/1人のほか、交通費実費、往復4時間以上の場合は移動費5000円、宿泊費が発生する場合は1万1800円、宿泊手当5000円が必要となる。現地製造所での相談が発生するのは、機械の配置、使用方法、衛生面・安全面に対する動線など構造設備に対して実際、目で確認する必要性が発生した場合を想定している。なお、GMP調査員は関東・関西地区に15名いるという。
つぶやく
関連ニュース
セ8/23 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉《森川健康堂》)等 追加10製品を公表/消費者庁
セ企業向けLINEアカウント「LINE@」機能・サービスをアップデート/LINE
セ医薬品成分を含有する製品の発見について(5品からイブプロフェンなど検出)/東京都福祉保健局
ソ今週のアクセスランキング
1.株式会社村田園に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
2.下請法違反でセブン-イレブンに勧告/公正取引委員会
3.体の大きい男性は悪性度の高い前立腺がんになりやすい?
4.9種類の浴槽があるように表示 温泉施設の景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
5.チオビタシリーズを海外で展開 香港で「Tiovita 3000」発売/大鵬薬品工業
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO