健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

東洋新薬/「オーツグリンTM」に経口摂取によるリラクゼーション効果を確認


[2007/06/05]
(株)東洋新薬(本社福岡県福岡市、服部利光社長)は、同社独自素材「オーツグリンTM」が副交感神経に及ぼす作用を京都大学大学院・人間・環境学研究科の森谷敏夫教授と共同研究し、経口摂取によるリラクゼーション効果を確認したことを、5月17〜20日に開催された「第61回日本栄養・食糧学会大会」で発表した。 「オーツグリンTM」とは、オート麦の穂、茎の部分をエタノール抽出したもの。オート麦はヨーロッパで伝統的に抗うつ剤として薬用されており、ドイツ保健省が定めた植物製剤規格「コミッションEモノグラフ」には、不安、ストレス、興奮状態、神経衰弱症、慢性疲労への効果が記載されている。 試験は、成人男性12名に「オーツグリンTM」500mg入りカプセルを、また対照食品として空カプセルをそれぞれ別の日に摂取させ、心電図を記録、解析した。その結果、「オーツグリーンTM」を摂取すると摂取30分後に対照食品と比較して副交感神経活動の上昇傾向が観察されたことにより、リラクゼーション効果が確認された。 作用機序は、「オーツグリーンTM」を快感、多幸感に関わる神経伝達物質"ドーパミン"などの代謝を行う酵素である"Monoamine oxidase B"溶液に加えたところ、酵素の働きを弱める(IC50=0.114mg/mL)ことが確認されたことから、「オーツグリーン」が"ドーパミン"の過剰分解を抑制し、神経の働きを回復させていると推測される。
東洋新薬/「オーツグリンTM」に経口摂取によるリラクゼーション効果を確認
つぶやく
関連ニュース
セ鶏ムネ肉プラズマローゲン摂取による認知機能低下予防作用を発表
セセティが生体内でグルタチオン産生が出来る乳酸菌「ME-3」を本格展開
セ合弁会社「ニュートリション・バランス」を設立/バリューHR
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
3.株式会社ミス・パリ/エステティック業界初 東京大学とミスパリ 共同研究開始
4.サマータイム移行が短期的な脳卒中リスク上昇に関連
5.「チョコレートは健康によい」は本当か?
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO