健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

マツモト交商 / ニキビ肌などオイリースキン向けの原料「Seborami(R)」の販売を開始


[2007/06/05]
(株)マツモト交商(本社東京都中央区、三角正夫社長)はこのほど、ニキビ肌などオイリースキン向けの原料「Seborami(R)(セボラミ)」の販売を開始した。ローションやクリームなどの使用のほか、シャンプー、トニックなどの用途を見込む。 同原料は、"ゴボウエキス"、"カキネガラシエキス"、"PCA亜鉛"、"α−ヒドロキシ酸"を含有するもの。"ゴボウエキス"は、抗菌成分である"イオウ"を含み、フランスで伝統的にニキビ治療に用いられていた。"カキネガラシエキス"は、殺菌作用を発揮する"シニグリン"を含んでおり、その殺菌作用は、うがい薬に用いられていることからも立証されている。これら2つの成分が複合的に、毛穴で繁殖しやすいバクテリアを抑制して毛穴を清潔に保つ。 "PCA亜鉛"は、ニキビ菌を抑制し、皮脂分泌調整作用を持つ。"α−ヒドロキシ酸"は、ピーリング効果によりターンオーバーを促進し、古いニキビの表皮の角質を取り毛穴の詰りを予防する。 製造元のフランスのAlban Muller Internationalは35日間、16人のボランティアに対し同原料を5%配合するクリームを塗布するテストを行っている。1日目〜8日目は1日1回肌に異常がないかチェックするために肘の裏に塗布し、8日目〜27日目は有効性を調べるために1日2回顔に塗布を行った。その結果、塗布前と比較し27日後に、皮脂分泌量は平均−17%減少し、皮脂分泌数(皮脂が分泌された皮脂腺の数)は平均−15%減少した。 推奨配合量は2〜5%。
つぶやく
関連ニュース
セ過度の運動に腸の損傷リスク
セ火星探査で宇宙飛行士のがんリスクが劇的に上昇
セ脳卒中後のリハビリに乗馬療法や音楽療法が有効
ソ今週のアクセスランキング
1.インドネシアの自然派食品「モリンガ」等 3製品を新発売/協同食品
2.2/2 機能性表示食品の届出情報(スヤリスト[銀座ステファニー]等 追加4製品を公表)/消費者庁
3.薄くて軽い「遠赤外線放射素材インナー」トリンプより新発売
4.メイプロインダストリーズ / 丸紅との資本提携で原料および米国市場で販売している健康食品を世界のマーケットに拡販
5.日本サプリメント株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO