健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ハーバー研究所 / 「ビリーフ ピクエース」の喫煙によるDNA酸化傷害の抑制効果が認められる


[2007/05/30]
ハーバー研究所 / 「ビリーフ ピクエース」の喫煙によるDNA酸化傷害の抑制効果が認められる
(株)ハーバー研究所(東京都千代田区、小柳昌之社長)の抗酸化天然成分である栄養補助食品「ビリーフ ピクエース」を使用した、健常喫煙者におけるパイロット試験・DNA酸化傷害抑制効果の検討が、「日本補完代替医療学会誌 第4巻 第1号」(2月発行)において研究発表された。 喫煙と発がんとの因果関係は数多く報告されているが、今回は、喫煙による有害作用として、活性酸素によるDNA酸化修飾物質であり、発がんとの因果関係も指摘されている8−ヒドロキシデオキシグアノシン(8−OHdG)を指標に抗酸化成分「ビリーフ ピクエース」による介入試験を行った。 試験は12人(男性6名、女性6名/平均年齢38歳)の健康な喫煙者を対象に行われ、1日4粒を14日間服用し、 服用前と服用後の3、7、14日目、 服用終了後1カ月目の尿中の8−OHdGを高速液体クロマトログラフィー(HPLC)法で測定。 結果、 服用3日目の尿中の8−OHdGは、クレアチニン換算値で3.7±1.3ng/mgCRE(平均±標準偏差)で、服用中前の5.0±2.0 ng/mgCREより低下していた。また、服用終了後1カ月目の尿中8−OHdGは4.7±0.9ng/mgCREで、投与を中止したところ数値は再び上昇したという。以上の結果から、抗酸化化合物である「ビリーフ ピクエース」は、喫煙によるDNA酸化傷害を抑制することが示唆された。 同製品は、"ビタミンC"の20倍の抗酸化力を持つ"ピクノジェノール"に"ビタミンE"と"スクワレン"を配合。フランスの南西部の海岸に自生する海岸松の樹皮から採取された "ピクノジェノール"一粒あたりの含有量は15mg。税込み価格は90粒・2940円。
つぶやく
関連ニュース
セ卵白由来プロテイン「EAP-sport PLUS(EAPスポーツ プラス)」を本格展開/セティ
セ睡眠不足による肌あれの原因を解明/ポーラ化成工業
セコードレスの女性向けの家庭用EMS機器「エクリア リーン」発売/エレコム
ソ今週のアクセスランキング
1.白肌が似合う有名人はアノ新婚美女が3年連続1位
2.真っ黒な竹炭スムージー!?『チャコールクレンズ』他、スーパーフード原料使用の新製品発売/ファイン
3.メイプロインダストリーズ / 丸紅との資本提携で原料および米国市場で販売している健康食品を世界のマーケットに拡販
4.油性造影剤での卵管造影が不妊治療に有用
5.ファイテン独自技術の素材に関する医科学的な研究成果を発表
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO