健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

東洋新薬 / “フラバンジェノール(R)”に血糖値上昇抑制作用を確認


[2007/05/21]
(株)東洋新薬(本社福岡県福岡市、服部利光社長)は、フランス海岸松の樹皮から抽出した機能性素材"フラバンジェノール(R)"に血糖値上昇抑制作用と糖質消化酵素阻害活性を確認したことを、17〜20日に開催された第61回日本栄養・食糧学会大会で発表した。 血糖値上昇抑制作用の試験内容は、ラットに糖付加(デンプンを1.5g/kg体重で経口投与)と同時に"フラバンジェノール(R)"を800mg/kg体重で経口投与し、投与前、投与30分後、60分後、120分後の血糖値をそれぞれ測定した。その結果、コントロール群では急激な血糖値の上昇が認められたのに対し、"フラバンジェノール(R)"投与群では30分後、60分後に有意な血糖値の上昇抑制が認められた。さらにデンプンの代わりにスクロース(ショ糖)またはマルトース(麦芽糖)を用いた同様の試験によっても、血糖値上昇抑制効果を確認した。 糖質消化酵素阻害活性の試験内容は、糖質消化酵素であるα-アミラーゼ、マルターゼ、スクラーゼが働いている溶液に"フラバンジェノール(R)"を添加して行った。"フラバンジェノール(R)" の各酵素に対するIC50(酵素の働きを50%阻害する時の濃度。酵素活性の阻害度を測定する指標で、その値が小さいほど酵素阻害活性作用が強い)は、α-アミラーゼ0.158mg/mL、マルターゼ0.591 mg/mL、スクラーゼ0.209 mg/mLであった。この結果により、"フラバンジェノール(R)"の血糖値上昇抑制作用は糖質消化酵素の阻害活性によることが示唆された。 "フラバンジェノール(R)"は、"ポリフェノール"を多く含み、特に抗酸化作用など様々な生理活性を示す有効成分"オリゴメリック・プロアントシアニジン"を40%以上含有している。同社ではこれまでに臨床試験での美容効果、血流改善効果、in vivo試験での体脂肪抑制効果を確認している。
東洋新薬 / “フラバンジェノール(R)”に血糖値上昇抑制作用を確認
つぶやく
関連ニュース
セ製造現場の知能化を加速 IoTサービス基盤「i-BELT」を立ち上げ/オムロン
セ医薬部外品「肌美精 ビューティーケアマスク(ニキビ)」新発売/クラシエホームプロダクツ
セ宇宙日本食「米菓(柿の種ピーナッツ入り)」としてJAXAから認証/亀田製菓
ソ今週のアクセスランキング
1.化粧品等の連鎖販売取引契約企業に業務一部停止命令/東京都
2.下請法違反でセブン-イレブンに勧告/公正取引委員会
3.製薬業界向け、医薬品等申請書作成・支援サービス「OpenTrusty(TM)」を開発 /日本ユニシス
4.「ダイエットできる。痩せる。」高額な整水器を販売していた事業者に業務停止命令(12か月)/東京都
5.医薬品成分を含有する製品の発見について/東京都生活文化局
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO