健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ポーラ研究所 / 赤い光のファンデーションの論文で最優秀論文賞を受賞


[2007/05/15]

ポーラ研究所(所在地神奈川県横浜市、鷺谷廣道所長)の論文が、15日に開催された日本化粧品技術者会で最優秀論文賞を受賞した。 論文のテーマは、「肌からの反射光を制御するメーク料の開発(第一報)−赤い光の視覚効果を利用したファンデーション−」で、同研究所・メークアップ開発部・坂崎ゆかり研究員が執筆した。 論文内容は、肌に当たる光の波長によって、シミ、毛穴、小ジワ等の見え方がどのように変化するかを調査したもので、その結果、600nmより長い波長の光である赤い光には、肌の欠点を見えにくくし、見た目の印象を向上させる効果があることが分かった。 この知見に基づき、600nm以上の光の反射率のみを高める粉体として、“赤色イゲタ型ファイバー粉体(リセッターR粉体)”を開発。この新しい粉体を配合したメーク料には、肌のトラブルを見えにくくし、肌の均一感を向上させる効果があることが確認できた。 ポーラ化粧品本舗(株)(本社東京都品川区、鈴木郷史社長)は、この“赤色イゲタ型ファイバー粉体(リセッターR粉体)”を含有するベースメークシリーズ「ザ メーク B.A」(8種19品)を発売している。

つぶやく
関連ニュース
セ男性型脱毛症と低身長に遺伝的な関連
セ3/22 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉[日清ファルマ]等 追加3製品を公表)/消費者庁
セハラール製品の輸送を実施 宗教洗浄した鉄道コンテナを利用/日本通運(日通)
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.緑イ貝にアスピリンより強力とのエビデンス
3.機能性表示食品の減塩ロースハム、ハーフベーコンを発売/日本ハム
4.悪性度リンパ腫の遺伝子療法で有望性
5.3/15 機能性表示食品の届出情報(ぱぱゼリーA ピーチ味[伊那食品工]等 追加6製品を公表)/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO