健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

杏クライマース / ”アディポネクチン”を分泌させる健康食品「アディポリック」を発売


[2007/05/11]

杏クライマース / ”アディポネクチン”を分泌させる健康食品「アディポリック」を発売
杏クライマース(株)(本社東京都千代田区、井上徹社長)はこのほど、“アディポネクチン”を分泌させる健康食品「アディポリック」を世界で初めて発売した。販路は、調剤薬局、ドラッグストア、エステサロン、スポーツクラブ、スポーツショップ、ネットショップ、職域販売など。 “アディポネクチン”とは、内臓脂肪細胞で作られる超善玉物質で、内臓細胞が蓄積されると産生・分泌が不足する。作用としては、(1)血管平滑筋細胞の増殖抑制作用、血管内皮細胞と単球の接着阻害作用、マクロファージの貪食能の低下作用などにより動脈硬化を抑制、(2)脂肪細胞のインスリン感受性を高めることによる抗U型糖尿病作用、(3)内臓脂肪のサイズを小さくすることによる脂肪燃焼作用がある。ほかに、メタボリックシンドロームの改善、高血圧の予防、抗ガン作用、脳卒中の予防、心筋梗塞の予防、高脂血症の改善、コレステロールの正常化、老化防止、血栓の予防、インフルエンザの予防、生活習慣病の予防などの効能が報告されている。 同製品は、この“アディポネクチン”を分泌させるために、“ビール酵母壁”に含有される“エルゴステロール”を配合した。同成分の含有による“アディポネクチン”分泌作用については、抗動脈硬化剤、抗肥満剤、抗糖尿病剤として特許を出願している。さらに“エルゴステロール”の吸収を高めるために米胚芽油に含まれる“γオリザノール”を加えた。また“黒ウコン”に含まれる“アントシアニン”がLDL(悪玉コレステロール)の酸化を“アディポネクチン”と共に防ぐことで動脈硬化を予防し、血管を拡張する。その他、“αピネン”、“βピネン”が脂肪の燃焼を促進する。 京都府立大学・吉川敏一教授が行った糖尿病疾患モデルマウスによる15日間の実験では、1.0%“エルゴステロール”含有食を食べたマウスの群は、普通食摂取マウス群に比べ血漿中“アディポネクチン”濃度が約2倍になり、血糖値は約22%減少している。 税込み価格は430mg×30錠が4300円、120錠が15000円となっている。 なお、同社では、食品メーカーとタイアップして“エルゴステロール”含有食品を開発していく考えで、6月にはペット向け食品をリリースする予定だ。

つぶやく
関連ニュース
セ合弁会社「ニュートリション・バランス」を設立/バリューHR
セ「食品安全に関する総合情報サイト」に「健康食品」のカテゴリーを作成/消費者庁
セインターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に対する要請について/消費者庁
関連ワードで検索
アディポネクチンメタボリックシンドローム健康食品オリザノール
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.健康食品 電話勧誘販売 LFコーポレーションに業務停止命令(3か月)/消費者庁
3.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
4.株式会社ミス・パリ/エステティック業界初 東京大学とミスパリ 共同研究開始
5.イズミヤ株式会社及び株式会社牛肉商但馬屋に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO