健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

オリジン生化学研究所 / 古代米の新素材「アサムラサキ フラワー」を発売


[2007/05/10]
(株)オリジン生化学研究所(本社東京都中央区、前田浩明社長)はこのほど、新素材「アサムラサキ フラワー」を発売した。菓子・パンなどや健康食品の配合、炊飯時に一緒に炊くなどの使用を見込む。 「アサムラサキ」とは、古代米である紫黒米の品種。弥生時代から食されている、現在の米のルーツで、神事のお供え物として利用されてきた。中国の薬用食物辞典「中葯大辞典」には、「気を益し、胃、腸、脾臓を元気にする」と記載されており、楊貴妃が健康と美容のために食べていたともいわれている。近年、玄米の健康効果が注目されているが、紫黒米は玄米の3倍の大きさのぬかを持ち、有効成分も3倍含有しているという。同素材に使用する「アサムラサキ」は、全て有機栽培されている。 同素材は、「アサムラサキ」を高温加圧処理することで、無菌化、"食物繊維"の働きと抗酸化作用を強め、粉末化したもの。玄米にない含有成分には、抗酸化作用、腸環境改善作用がある"アントシアニジングルコシド"がある。玄米と共通する成分としては、腸環境改善作用がある"食物繊維"、血栓溶解作用、細胞成長促進作用、抗酸化作用がある"イノシトール"、自律神経緩和作用がある"オリザノール"、学習能力向上作用がある"フェルラ酸"がある。その他、"マグネシウム"・"リン"・"カリウム"・"鉄"・"亜鉛"などの"ミネラル"を豊富に含有する。 1日6gの摂取で、玄米ご飯を1膳食べるのと同じ効果が得られる。無味・無臭なので食品への加工もしやすい。調理の際、水に溶けると薄赤紫色の発色をする。収穫量が限られているため、最大出荷可能量は10t。 同社では、「抗酸化作用が強いため、アンチエイジング目的に使用してほしい」(前田社長)としている。
つぶやく
関連ニュース
セホルモンサワーコンク(肝臓エキス配合割り材)を発売〜製薬会社が本気で健康を考えた飲む人へ提案〜/日水製薬
セ国際規格「ISO9001」の認証を取得/実正
セ足の乾癬のケア
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
3.ほうれん草由来のスーパーフード「チラコイド」販売開始/チラコイド
4.ヤクルト薬品、ガラクトオリゴ糖「オリゴメイト」が米国FDAから「GRAS物質」の認証を取得
5.軟骨と筋肉に役立つ食品成分の組み合わせが中高年の通常歩行速度を上昇させることを確認/サントリーウエルネス
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO