健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

近畿大学 / 「第106回日本皮膚科学会総会」で“ラジカルスポンジ”の美白効果を発表


[2007/05/07]
近畿大学医学部皮膚科学の川田暁教授と小西奈津子医師が、22日にパシフィコ横浜で開催された「第106回日本皮膚科学会総会」で「『女性外来 美容皮膚専門』における美白治療」と題し、"フラーレン"を含有した抗酸化化粧品成分"ラジカルスポンジ"を利用した臨床試験に関する発表を行った。 試験内容は、23〜25歳の男性7名に(1)クリームの基材、(2)クリーム基材 + "ラジカルスポンジ" 1%、(3)クリームの基材 + "ビタミンC誘導体" 1% + "ビタミンE" 2% + "ビオチン" 0.2%を塗った後にUVBの照射を1回行い、4週間の経緯を調べた。なお、コントロール(何も塗布しない)も設定した。(3)はポジティブコントロール(効果があると分かっている対照)である。被験者はUVBの照射後も朝晩2回、クリームの塗布を行った。 試験の評価は、Lバリュー(肌の明度)とメラニンインデックス(メラニン量の増減)によって行った。その結果、2週間後に(1)のクリーム基材のみは、Lバリューが93%程度まで低下し、メラニンインデックスが112%まで増加したのに対し、(2)のクリーム基材+"ラジカルスポンジ" 1%はポジティブコントロールである(3)とほぼ同等であるLバリュー97.5%、メラニンインデックスは110%を下回る数値を示した。特に2週間後の(2)のクリーム基材 + "ラジカルスポンジ" 1%のLバリューは、(1)のクリーム基材と比べ、p<0.05の有意差を付けた。 川田教授と小西医師は、「"ラジカルスポンジ"が新しい美白成分として期待できる」と締めくくった。 "ラジカルスポンジ"は、ビタミンC60バイオリサーチ(株)(本社東京都中央区、山名修一社長)が販売する"フラーレン"を含有する化粧品成分。刺激がなく安全で、抗酸化作用によるアンチエイジング作用・美白作用が知られ、クリニックにも数多く導入されている。
つぶやく
関連ニュース
セ2/23 機能性表示食品の届出情報(ぐっナイト/ラフマ由来ヒペロシド、ラフマ由来イソクエルシトリン《フォーデイズ》)等[追加2製品 / 合計1,307製品]/消費者庁
セ機能性表示食品「ブルーベリー」を発売/オルビス
セカロリーコントロールに!サラシアと桑の葉サプリ「ハイパーローカボ」を発売/ECGエステコスメグループ
ソ今週のアクセスランキング
1.腸感染症に対する「糞便移植」の効果に疑問
2.業界初!「サメの軟骨」の梅風味タブレットキャンディー
3.がんリスクが指摘される子宮摘出器具を回収――ジョンソン・エンド・ジョンソン社
4.AI搭載の対話型ロボットを通じヘルスケア市場に向けサービスの検討を開始/マクニカ
5.整形外科領域に特化し、経済性を重視した移動式外科用X線システムを発売/フィリップス
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO