健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

近畿大学 / 「第106回日本皮膚科学会総会」で“ラジカルスポンジ”の美白効果を発表


[2007/05/07]
近畿大学医学部皮膚科学の川田暁教授と小西奈津子医師が、22日にパシフィコ横浜で開催された「第106回日本皮膚科学会総会」で「『女性外来 美容皮膚専門』における美白治療」と題し、"フラーレン"を含有した抗酸化化粧品成分"ラジカルスポンジ"を利用した臨床試験に関する発表を行った。 試験内容は、23〜25歳の男性7名に(1)クリームの基材、(2)クリーム基材 + "ラジカルスポンジ" 1%、(3)クリームの基材 + "ビタミンC誘導体" 1% + "ビタミンE" 2% + "ビオチン" 0.2%を塗った後にUVBの照射を1回行い、4週間の経緯を調べた。なお、コントロール(何も塗布しない)も設定した。(3)はポジティブコントロール(効果があると分かっている対照)である。被験者はUVBの照射後も朝晩2回、クリームの塗布を行った。 試験の評価は、Lバリュー(肌の明度)とメラニンインデックス(メラニン量の増減)によって行った。その結果、2週間後に(1)のクリーム基材のみは、Lバリューが93%程度まで低下し、メラニンインデックスが112%まで増加したのに対し、(2)のクリーム基材+"ラジカルスポンジ" 1%はポジティブコントロールである(3)とほぼ同等であるLバリュー97.5%、メラニンインデックスは110%を下回る数値を示した。特に2週間後の(2)のクリーム基材 + "ラジカルスポンジ" 1%のLバリューは、(1)のクリーム基材と比べ、p<0.05の有意差を付けた。 川田教授と小西医師は、「"ラジカルスポンジ"が新しい美白成分として期待できる」と締めくくった。 "ラジカルスポンジ"は、ビタミンC60バイオリサーチ(株)(本社東京都中央区、山名修一社長)が販売する"フラーレン"を含有する化粧品成分。刺激がなく安全で、抗酸化作用によるアンチエイジング作用・美白作用が知られ、クリニックにも数多く導入されている。
つぶやく
関連ニュース
セ産学連携の共同開発でインフルエンザの予防効果のあるシナモンを使用したマスクの開発に成功、実用化へ/常磐植物化学研究所
セ独自素材 パセノール[TM] 化粧品原料 販売開始/森永製菓
セ機能性表示食品「毎朝ヒスチジン」を新発売/味の素
ソ今週のアクセスランキング
1.東京大学との連携協定締結について/東洋新薬
2.機能性表示食品「アラプラス 糖ダウン」発売/SBIアラプロモ
3.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
4.東京大学との連携協定締結について/東洋新薬
5.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO