健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

大豆イソフラボンは”摂取不足”フジッコが実態調査


[2005/07/11]

「健康寿命に影響」と家森京大名誉教授が危惧 生活習慣病リスク軽減のために十分な大豆イソフラボン量を摂れてないこと、特に働き盛りの40代の男性の6割が摂取量不足であることが、最近行われた大豆イソフラボンの意識調査および尿検査によりわかったと、家森幸男・京都大学名誉教授(WHO循環器疾患専門委員)がこのほど明らかにした。

つぶやく
・関連ニュース
睡眠サポートロボットで癒される!期間限定SHOPをオープン/パルスボッツ
地域のキャッシュレス化を推進/凸版印刷
グァバ等に含まれる「アピゲニン」のマイクログリアへの作用について/ロート製薬
・今週のアクセスランキング
1.7/31 機能性表示食品の届出情報(GOLDAY(ゴールデイ)/ローズヒップ由来ティリロサイド《日水製薬医薬品販売》)等[追加3製品 / 合計1,412製品]/消費者庁
2.『食品表示基準について』を更新/消費者庁
3.ランナーは寿命が長い、ただし過剰なランニングは心臓に有害
4.株式会社二期リゾート/内側から元気に、美しくするメニューのお知らせ
5.インターネットの安全な利用を子どもに教えよう
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO