健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

厚労省 / アレルギー注意喚起義務化で、スギ花粉健食、事実上販売不可能に


[2007/04/16]
厚労省は、スギ花粉の健康食品「パピラ」を摂取したことにより全身性のアレルギー反応によるショック症状を起こした健康被害が出たことに関連して、スギ花粉を含む食品の取り扱いについて「新開発食品評価第三調査会」を開催した。 結論は、100%スギ花粉を原料とする食品は、花粉症の治療または予防のための減感作療法に使用している医薬品として判断され、薬事法に抵触するものとして販売を禁止することとした。また、微量でもスギ花粉を含む食品は全て「スギ花粉症の方は、重篤なアレルギー症状を引き起こす可能性があるため注意すること」との注意喚起の表示を行うことが決定した。事実上、花粉症緩和を目的としたスギ花粉含有の健康食品は販売することが不可能になる。 スギ花粉の含有量の上限値を設定する議論もなされたが、「エビデンス不足で不可能」と判断され、今回の厳しい措置が取られることとなった。 さらに、国民の理解の徹底のため、厚労省と(財)国立健康・栄養研究所のHPで注意喚起を行っていくほか、業界団体の力も借りて注意喚起を行っていくことが決定した。
つぶやく
関連ニュース
セ足の乾癬のケア
セランニングは変形性関節症の発症を遅らせる
セ米国でがん死亡率の減少続く
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.MRI検査の特性と診断可能な疾患
3.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
4.甘酒 味・パッケージ変更後の売上約2倍に(2014年度 7・8月比)/マルコメ株式会社
5.スマート乳酸菌(R)の抗アレルギー効果について日本乳酸菌学会で発表/丸善製薬
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO