健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

サントリー・コーセー / ウイスキーのメラニン生成抑制の新たな作用メカニズムを解明


[2007/04/03]
サントリー(株)(本社大阪府大阪市、佐治信忠社長)と(株)コーセー(本社東京都中央区、小林保清社長)は、(財)岐阜県国際バイオ研究所との共同研究により、ウイスキー中の成分が持つメラニン生成抑制活性の作用メカニズムに関する研究成果を、日本薬学会第127年会で3月30日に発表した。サントリー(株)ではこれまで、メラニン生成抑制作用に関して、ウイスキーにチロシナーゼ活性阻害作用があることを明らかにしている。 試験内容は、B16メラノーマ細胞にメラニン合成誘導ホルモン「αMSH」を添加してメラニン生成を促し、ウイスキーを添加して行った。その結果、ウイスキーを添加した細胞は、「αMSH」のみを添加した細胞に比べてメラニン量を強く抑制した。 また、メラニン生成の過程において、チロシナーゼ、ドーパクロムタウトメラーゼ、チロシナーゼ関連タンパク質1の3つの酵素が作用するが、「αMSH」を細胞に添加するとこれら3つの酵素の発現誘導が見られる。しかし、ウイスキーを添加するとチロシナーゼの発現誘導のみを選択的に抑制、酵素そのものの量を減少させる作用のあることが分かった。
つぶやく
関連ニュース
セ朝用乳液「エリクシール ルフレ バランシング おしろいミルク」を発売/資生堂
セ機能性表示食品に受理された原料を配合したサプリを発売/龍泉堂
セ葛の花由来イソフラボンを機能性関与成分とする機能性表示食品の販売事業者に対する課徴金納付命令について/消費者庁
ソ今週のアクセスランキング
1.医薬品成分を含有する製品(無承認無許可医薬品)について/厚労省(横浜市)
2.簡単・もちもち・栄養up! カナダ産オーツ麦から生まれた「ライスオーツ」を新発売/スタースーパーフーズ・インターナショナルジャパン
3.イズミヤ株式会社及び株式会社牛肉商但馬屋に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
4.元NFL選手30人が研究のため脳提供を表明
5.特定商取引法違反の連鎖販売業者(IPSコスメティックス)に対する業務停止命令(3か月)及び指示について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO