健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

サントリー・コーセー / ウイスキーのメラニン生成抑制の新たな作用メカニズムを解明


[2007/04/03]
サントリー(株)(本社大阪府大阪市、佐治信忠社長)と(株)コーセー(本社東京都中央区、小林保清社長)は、(財)岐阜県国際バイオ研究所との共同研究により、ウイスキー中の成分が持つメラニン生成抑制活性の作用メカニズムに関する研究成果を、日本薬学会第127年会で3月30日に発表した。サントリー(株)ではこれまで、メラニン生成抑制作用に関して、ウイスキーにチロシナーゼ活性阻害作用があることを明らかにしている。 試験内容は、B16メラノーマ細胞にメラニン合成誘導ホルモン「αMSH」を添加してメラニン生成を促し、ウイスキーを添加して行った。その結果、ウイスキーを添加した細胞は、「αMSH」のみを添加した細胞に比べてメラニン量を強く抑制した。 また、メラニン生成の過程において、チロシナーゼ、ドーパクロムタウトメラーゼ、チロシナーゼ関連タンパク質1の3つの酵素が作用するが、「αMSH」を細胞に添加するとこれら3つの酵素の発現誘導が見られる。しかし、ウイスキーを添加するとチロシナーゼの発現誘導のみを選択的に抑制、酵素そのものの量を減少させる作用のあることが分かった。
つぶやく
関連ニュース
セパンプススタイルでもスニーカーのような履き心地の靴を発売/ムーンスター
セサロンでのハンドテクを参考に開発 スカルプ&ビューティーケア機器を発売/アデランス
セ店販用 機能性表示食品「潤う るつやセラミド」を発売/日本製粉
ソ今週のアクセスランキング
1.【ミューズ】自動で泡が出る家庭用ハンドソープ
2.歩行速度の低下は認知障害のサイン?
3.日本最大級の美の祭典でグランプリが決定/ダイアナ
4.「風船吹くだけダイエット」を紹介した書籍を刊行
5.働く女性の9割以上が髪または頭皮に悩み
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO