健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

食品安全委員会 / トクホ申請の「毎日コツコツふりかけ」の食品健康影響評価についての意見・情報の募集を開始


[2007/03/29]
食品安全委員会は、トクホ申請中の、関与成分として"カルシウム"を含み、年齢を重ねてから骨粗鬆症になるリスクの低減を目的とするふりかけ形態の「毎日コツコツふりかけ」の食品健康影響に関する審議結果を発表し、その評価についての意見・情報を4月27日まで募集する。 1日あたりの摂取目安量5.3g(製品1袋)中に含まれる関与成分は"カルシウム"として420rである本食品に対し、食品安全委員会では、まず疾病リスク低減表示特定保健食品の考え方として、(1)"カルシウム"に係る疾病リスク低減効果を担保するために必要とされる摂取目安量の上限値設定の根拠、(2)日本人の食事摂取基準における"カルシウム"摂取の上限量(2300/日)の設定経緯、(3)国民健康・栄養調査に基づく"カルシウム"摂取量との比較の3項目を検討した。 結果として疾病リスク低減表示特定保健食品の"カルシウム"の1日摂取目安量の上限値700rの範囲であれば、少なくとも健常成人における安全性は確保されていると認められた。すでに一般用医薬品として認可されている範囲であることに加え、日本人の食事摂取基準の上限値の設定根拠となる文献、本食品の食経験およびヒト実験の安全性を審査し、適切に摂取される限りにおいては、安全性に問題はないとの判断だ。 一方、17歳以下の小児については過剰摂取に関する十分な知見がなく、今回上限値設定の安全評価はできなかった。しかし、すでに多くの"カルシウム"を関与成分とする特定保健食品が認可され、また"カルシウム"を栄養成分とする栄養機能食品が販売されており、いずれも小児への特別の反応はなく、健康被害事例の報告がない現状ではあるが、引き続き国内外の安全性に関する情報の収集に努めることが肝心であるとした。 ただし、10代の女性に関しては、骨粗鬆症の予防として10代の女性から"カルシウム"摂取が期待されていることや、これまでの食経験などをふまえ、上限量については健常成人と同様とみなすことが適当であるとの考えだ。 なお、医師からの治療を受けている人は、医師に相談することを注意喚起する表示を行う必要はあると報告。 また、本食品は1日摂取目安量である食塩相当量は0.5gを含むふりかけ形態の食品であることから、リスク管理機関において、ラベルでの表記や調理例モデルなどを挙げるなど、食塩の過剰摂取につながらないよう配慮すべきとした。
つぶやく
・関連ニュース
東京大学とAI/IoTを活用「スマートかき養殖」実証実験を開始/シャープ
llexam(レクサム)風呂用水素生成器・電解式水素シャワーを発売/マクセル
初の美容特化型店舗『ビューステージ西武渋谷』オープン/アデランス
・今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.特定商取引法違反の電話勧誘販売業者に業務停止命令/九州経済産業局
3.抗酸化・代謝を正常化、シミ・そばかすを治療する「ハイチオールCホワイティア」新発売/エスエス製薬
4.医薬品成分を含有する3製品について/東京都福祉保健局
5.「特定細胞加工物製造許可」を取得。細胞培養受託を可能に/ロート製薬
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO