健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ロート製薬など / “ボーンペップTM”と“カルシウム”の共投与により骨成長を促すことを確認


[2007/03/19]
ロート製薬(株)(本社大阪府大阪市、山田邦雄社長)と(株)ファーマフーズ(本社京都府京都市、金武祚社長)は、骨の成長促進成分"ボーンペップTM"と"カルシウム"を同時投与すると、骨成長を促進することを確認。さらに骨密度および骨強度を高める傾向が見られたとしている。この研究結果は、東京で24〜27日開催される「日本農芸化学会2007年度大会」及び第大阪で17日に開催される「4回日本小児栄養研究会」で発表され、今後ロート製薬(株)が機能性食品に応用する予定だ。 試験は、成長期ラットを"低カルシウム"食のみを摂取させるコントロール群、"低カルシウム"食に"カルシウム"投与群、"低カルシウム"食に"カルシウム"と"ボーンペップTM"投与群に設定して行った。 その結果、"カルシウム"投与群(5匹)は頸骨伸張の傾向はあったもののコントロール群(6匹)と比較して有意差は見られなかったが、"カルシウム"プラス"ボーンペップTM"投与群(6匹)では、有意な頸骨伸張が確認された。また、マイクロCTを用いて大腿骨の観察を行ったところ、"カルシウム"投与群及び"カルシウム"プラス"ボーンペップTM"投与群の骨密度はコントロール群に比べて明らかに高く、"カルシウム"プラス"ボーンペップTM"投与群は"カルシウム"投与群よりも骨密度が高い傾向が見られた。さらに大腿骨の骨強度を測定したところ、骨の強さの指標である最大荷重は、"カルシウム"投与群(3匹)及び"カルシウム"プラス"ボーンペップTM"投与群(3匹)は、コントロール群に比較して明らかに高いことが確認できた。骨の柔らかさの指標である破断変位は、"カルシウム"プラス"ボーンペップTM"投与群(3匹)のみ、コントロール群(4匹)に比べて有意に低値を示した。 ロート製薬(株)は、2006年5月に開所した新研究拠点「ロートリサーチビレッジ京都」を、集合型の研究拠点として位置づけ、さまざまなベンチャー企業や研究グループと共同研究を推進してきた。一方、(株)ファーマーズは、研究開発型のバイオベンチャー企業として、機能性食品素材を中心とする開発事業を推進してきた。両社は2005年9月に共同開発並びに資本提携に合意して以来、共同研究を進めてきた。
[結果1]
ロート製薬など / “ボーンペップTM”と“カルシウム”の共投与により骨成長を促すことを確認
*;p<0.05 vs control(ロート製薬、ファーマフーズ、大韓民国世明大学漢方医学部実施)
[結果2]
<マイクロCT写真>
ロート製薬など / “ボーンペップTM”と“カルシウム”の共投与により骨成長を促すことを確認
(ロート製薬研究所実施)
[結果3]
<骨強度>
ロート製薬など / “ボーンペップTM”と“カルシウム”の共投与により骨成長を促すことを確認
**; p<0.01, *; p<0.05 vs control(ロート製薬研究所実施)
つぶやく
関連ニュース
セインターネットにおける康食健品等の虚偽・誇大表示に対する要請について(平成 28 年4月〜平成 29 年3月)/消費者庁
セ4/28 機能性表示食品の届出情報(うるうるシリーズ 玉ねぎスープ[ファイン]等 追加2製品を公表)/消費者庁
セ米ぬか酵素処理物の血圧降下作用と新しい血圧降下ペプチドを学会発表/サンスター
ソ今週のアクセスランキング
1.健康経営に優れた上場会社22社「健康経営銘柄」を発表/経済産業省
2.ライフサポートに対する景品表示法に基づく措置命令等について/消費者庁
3.家庭用医療機器 訪問販売業者に業務一部停止命令/消費者庁
4.北欧の森と湖が生んだ”1000歳”の天然美容商材
5.株式会社タカショーに対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO