健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ポーラ健康科学研究所 / 香辛料「花椒」に脂肪燃焼促進作用を発見、学会発表


[2007/03/02]
ポーラ健康科学研究所は、京都大学大学院・人間・環境学研究科の森谷敏夫教授との共同研究で、中国で古くから香辛料として使用されている「花椒」が脂肪燃焼力を高めることを発見、今月富山で開催される「日本薬学会第127年会」で発表する。 試験内容は、健康な男子学生8名を対象に、中国四川省産「花椒」の50%エタノールエキス200mgを摂取させ、摂取直前、摂取後30分、摂取後60分の呼気ガスを計測した。呼気ガスを計測すると、吐き出される二酸化炭素の量によって脂肪燃焼の度合いをはかることができる。なお、対照群は摂取群と同じ人が日を改めて試験を行ったもの。その結果、30分後には0.08g/minと対照群と比べ有意に脂肪燃焼促進作用が見られた。 その他、「花椒」が運動中の自律神経活動を高い状態に維持することも判明している。 「花椒」とは、中国山椒とも呼ばれ中国で古くから食されている香辛料で、四川省では辛いものを食べて汗をかくことで健康を保つために、料理に多く「花椒」が使用されている。
ポーラ健康科学研究所 / 香辛料「花椒」に脂肪燃焼促進作用を発見、学会発表
つぶやく
関連ニュース
セ10/20 機能性表示食品の届出情報(EPAチャージ グレープフルーツ味/EPA・DHA《日本水産》)等 [ 追加9製品 / 合計1,137製品 ]を公表/消費者庁
セ油分・水分を自在に混ぜる新乳化技術「コアコロナ乳化」を開発/資生堂
セ40 代から 50 代の女性へ向け ナチュラルスキンケアを 2018 年秋に発売 /ポーラ・オルビスグループ
ソ今週のアクセスランキング
1.クレアボーテ / 「ベルサイユのばら入浴料」が4種合わせて累計22万個販売の人気に
2.米ガイドライン、60歳以上の降圧薬処方基準を緩和
3.「マジックマッシュルーム」でがん患者の絶望感を緩和
4.家庭用医療機器 訪問販売業者に業務一部停止命令/消費者庁
5.ステロイド成分を含有する不良化粧品の発見について/東京都福祉保健局
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO