健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ホーファー・リサーチ / ピクノジェノールが市販薬の190倍の血糖値上昇抑制作用を示す


[2007/02/26]
ホーファー・リサーチ社(本社スイス、ヴィクター・フェラーリ社長)はこのほど、フランス海岸松樹皮エキス「Pycnogenol(R)(ピクノジェノール)」が腸内酵素"α−グルコシダーゼ"の働きを抑制することで糖質の消化・吸収を遅らせ、食後に血糖値が急上昇する現象を防ぐことを明らかにした。この研究結果は、米国の糖尿病に関する研究発表を掲載する「Diabetes Research and Clinical Practice」誌に掲載予定。 この研究は、ドイツのWurzburg大学でPetra Högger博士が指揮したもの。研究はインビトロ試験で行った。インビトロ試験を行った理由は、"α−グルコシターゼ"阻害メカニズムを明確にすることを目的に、試験環境を厳しくコントロールする必要があったためとしている。試験内容は、試験管内の溶液に"α−グルコシターゼ酵素"を入れ、それぞれ「ピクノジェノール(R) 」、「α−グルコシダーゼ阻害の一般処方薬」、「緑茶抽出物」を加えた。さらに"pNPG"という物質を加え、"α−グルコシダーゼ"が"pNPG"を分解することによって発生する生成物"p-nitrophenol"の量を測定した。これにより"α−グルコシダーゼ"の活性率または阻害率が分かる。この試験方法で各試験物に対して"α−グルコシダーゼ"の働きを50%防止する濃度(IC50)を調べた。 試験結果は、「ピクノジェノール(R)」が5.34μg/mlの濃度で阻害し、最も効果があることが分かった。「緑茶抽出物」は「ピクノジェノール(R)」のIC50の約4倍で、「α−グルコシダーゼ阻害の一般処方薬」は「ピクノジェノール(R)」のIC50の190倍で同じ効果が見られた。ゆえに、「ピクノジェノール(R)」は「α−グルコシダーゼ阻害の一般処方薬」の190倍の血糖値上昇抑制効果があるといえる。
つぶやく
・関連ニュース
「お〜いお茶 緑茶」原料茶葉のGAP認証100%取得について/伊藤園
5/23 機能性表示食品の届出更新(快腸週間EX/ゲンクワニン5-O-β-プリメベロシド、マンギフェリン《アピ》)等[追加16件 / 合計2,065件]/消費者庁
5/23 【撤回】機能性表示食品 更新情報/消費者庁
・今週のアクセスランキング
1.グリスリン 多のう胞性卵巣症候群(PCOS)での特許を登録 日本、アメリカ、カナダ3か国で特許が成立/サン・メディカ
2.毎日歩くだけでも乳がんリスクが低減
3.店舗とネット通販をつなぐ美容の物販サービス「ONE&O」を開始/ファヴールマルシェ
4.ビジネスパーソンの健康をサポートする「毎日飲むヤクルト」新発売/ヤクルト
5.清潔・衛生習慣の定着に向けた「ベトナム衛生プログラム」を開始/花王
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO