健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ホーファー・リサーチ / ピクノジェノールが市販薬の190倍の血糖値上昇抑制作用を示す


[2007/02/26]
ホーファー・リサーチ社(本社スイス、ヴィクター・フェラーリ社長)はこのほど、フランス海岸松樹皮エキス「Pycnogenol(R)(ピクノジェノール)」が腸内酵素"α−グルコシダーゼ"の働きを抑制することで糖質の消化・吸収を遅らせ、食後に血糖値が急上昇する現象を防ぐことを明らかにした。この研究結果は、米国の糖尿病に関する研究発表を掲載する「Diabetes Research and Clinical Practice」誌に掲載予定。 この研究は、ドイツのWurzburg大学でPetra Högger博士が指揮したもの。研究はインビトロ試験で行った。インビトロ試験を行った理由は、"α−グルコシターゼ"阻害メカニズムを明確にすることを目的に、試験環境を厳しくコントロールする必要があったためとしている。試験内容は、試験管内の溶液に"α−グルコシターゼ酵素"を入れ、それぞれ「ピクノジェノール(R) 」、「α−グルコシダーゼ阻害の一般処方薬」、「緑茶抽出物」を加えた。さらに"pNPG"という物質を加え、"α−グルコシダーゼ"が"pNPG"を分解することによって発生する生成物"p-nitrophenol"の量を測定した。これにより"α−グルコシダーゼ"の活性率または阻害率が分かる。この試験方法で各試験物に対して"α−グルコシダーゼ"の働きを50%防止する濃度(IC50)を調べた。 試験結果は、「ピクノジェノール(R)」が5.34μg/mlの濃度で阻害し、最も効果があることが分かった。「緑茶抽出物」は「ピクノジェノール(R)」のIC50の約4倍で、「α−グルコシダーゼ阻害の一般処方薬」は「ピクノジェノール(R)」のIC50の190倍で同じ効果が見られた。ゆえに、「ピクノジェノール(R)」は「α−グルコシダーゼ阻害の一般処方薬」の190倍の血糖値上昇抑制効果があるといえる。
つぶやく
・関連ニュース
ラクトフェリンがヒトノロウイルスのヒト細胞への感染を抑制することを観察/森永乳業
発酵性食物繊維「イヌリアTM」販売開始/帝人
ノンスポーツ分野にmyHMB?Clear(HMB遊離酸)を新発売/兼松ケミカル
・今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.1日11時間以上座る人では死亡リスクが40%以上増大
3.ストレスチェック義務化に対応したメンタル対策強化支援サービスを開始/キヤノンマーケティングジャパン
4.日本初の”体形百貨店”をオープン
5.2018年上半期トレンド予測 「ジャパニーズスーパーフード」 ランキングTOP10を発表/日本スーパーフード協会
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO